富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
月刊アニメージュ2009年5月号別冊付録 機動戦士ガンダム00 FINAL BOOK セカンドシーズン完結&劇場版製作決定記念 ぶっちゃけ対談 水島精二(監督)×黒田洋介(シリーズ構成) 要約版
2009-04-10 Fri 00:36
■月刊アニメージュ2009年5月号別冊付録 機動戦士ガンダム00 FINAL BOOK セカンドシーズン完結&劇場版製作決定記念 ぶっちゃけ対談 水島精二(監督)×黒田洋介(シリーズ構成) 要約版

セカンドシーズンの肝は<ドライブ感>

――ついに最終回を迎えた「機動戦士ガンダム00」ですが、番組終了を迎えた感想を教えてください。

水島:番組は終了したけど、劇場版も発表になって、なんかまだ終わったような気分じゃないですね。

黒田:そう、全然終わった気分がしない。それでも最終回の脚本をアップした直後は「できたぞ~」と叫びたい気分にはなりましたが(笑)。

水島:とりあえず、一区切りみたいな感じだよね。

黒田:富士山で言うと、まだ5合目ぐらいですよね。

水島:そう、気分的には、まだまだ上がある感じ。

――後半では、やはり刹那が純血種のイノベイターとして目覚めるという展開に驚かされました。

黒田:そうですか。でもその設定は、企画の初期段階から決めていたことなんで。

水島:そう。でも僕なんかも、あんなふうにはっきりと変化するとは思ってなかった。だから、視聴者が驚くのもわからないでもない。もちろん黒田君と最初に打ち合わせて、大筋でやろうとしていることは最初から変わっていないんですよ。「刹那はこう変わります」という構成案も読まされて、理解もしていた。でも具体的に映像化するにあたっては、やっぱり振り幅というものがあるので、お互いに想像している画面には違いがあるんですよ。僕は、もっと地に足がついた範囲での変化なんじゃないかと予想していた。だからこそ、その予想が良い方向に裏切られて、あれよあれよという間に、別の次元へと向かっていくドライブ感が面白かった。セカンドシーズンはそのドライブ感に尽きます。

黒田:でもそのドライブ感って、別に僕だけが勝手に仕掛けているわけじゃなくて、監督がファーストシーズン最終話の時に「このドライブ感のまま2期を続けていこう」という話をされたじゃないですか。

水島:うん。「これで行こう」ってね。

黒田:ならばもっとドライブをかけていかないとな、ってことでああなったんですよ。

水島:だからお互いにハードルを上げ合っているところはあったよね。セカンドシーズンの第1話も「できるだけ中身を圧縮して詰め込んで」と脚本に注文をつけていったら、フィルムにするのもすごく大変だった。さらにセカンドシーズンはエンディング後のCパートまで作ったので、本当に大変だった。でも、そういうこともあって、ドラマを絵にして、大きな展開の上に乗せていく過程は、ものすごく新鮮だった。自分の考えている範疇から飛び出して「これ、どうやって絵にしていくんだ」みたいなことを考えるのが面白いシリーズだったよね。

黒田:「量子空間って何よ?」って話もありましたね。

水島:あった。言葉としてはわかるけど、どうやって絵にすればいいんだろうって。あれは助監督3人含めて、頭を悩ませた。

黒田:「脳量子波は粒子が広がっているところだけ明確に届くんですよ」と説明はしたんですけど、まあ、それは言葉だけの話ですから。

水島:だから最初はみんな、勝手な解釈をしてたよね。最終的には映像で見せたような形になったわけだけど。

――そういう点では、セカンドシーズンの方が、ファーストシーズンよりも大胆な表現が多かったと思うのですが。

水島:そういう表現ができるところに、僕らが組んで制作している意味があるっていうことをはっきり意識したんですよ。それで、意図的にそっち方向へドライブをかけていったんで。

黒田:そのあたり、監督が僕のプランに合わせていただいたのかなと。

水島:いや、これは僕のいつものやり方だから大丈夫(笑)。黒田君の脚本で面白いと思ったのは、ヒーロー性へのこだわり。僕はそういう感覚があまりないので。

黒田:今回は刹那とかマイスターたちに、小さな子供でもはっきりわかるぐらいのヒーロー性をきっちり持たせたいと思っていたんですよ。

水島:僕としてはそれをどう受け止めてフィルムにするのか――常にキャッチボールみたいな感じでしたね。

黒田:ただヒーロー性といっても、単純に正義を唱えているだけではないんですけどね。刹那でいえば、あえてアニューを撃ったりとかさせているわけで。

――逆にいうとそのへんが、黒田さんの考えるヒーローのポイントというわけですよね。

黒田:刹那の場合は、セカンドシーズンに入ってどんどん孤高になっていくんですよ。刹那は自分の思いを達成するために変革を求め、それ故に普通の人から遊離していく。刹那は、ソレスタルビーイングという言葉の意味通り、本当に「天上人」になろうとしているので。その覚悟が、刹那にとってのヒーロー性ということなんです。

水島:だから視聴者がキャラクターに共感しようとすると、結構難しいところもあったと思いますよ。でもそこまで突っ込んだところまでいけたのは、セカンドシーズンが最初からそういうテイストで貫かれていたからだと思います。とは言いつつも、黒田君の脚本には何度も驚かされました。刹那が過去に行くアイデアとかあったじゃない(笑)。

黒田:ああ、第15話ですね(笑)。第15話に刹那の回想シーンが出てくるでしょう。実はあの場面は最初、脳イノベイターの能力で刹那が本当に過去に行って、過去の自分を洗脳から解放するっていうふうに書いたんですよ。でも、まあ、さすがに監督から「これはやり過ぎでしょう」と止められまして(笑)。

水島:一読して「えっ!?」みたいな(笑)。

黒田:量子論をいろいろ調べていると、光速を超えて2つの量子が同期する「量子テレポート」なんて現象があったりして、面白いんです。それで量子化することで、時間の流れすら超越するシーンを描いてみようと思ったんですね。

水島:第1稿目を読む時の僕らは、実験台みたいなものだよね(笑)。

黒田:すみません(笑)。でも制作中は、スタッフの反応が一番参考になりますから。だから「つまらない」「わからない」って言われたら、すぐに変えますし。

水島:黒田君の「駄目」って言った時の切り替えの速さは凄いよね。一方で、こだわっているところはしっかりあるし。ファーストシーズンの時は、初めて組んだばかりでそういう良さに気付くまでちょっとお見合いしちゃったんだけど、それがわかってからは、ぐっとやりやすくなった。だから、こっちが表現したいというところを外していなければ、まずOKにして、それから「どうやって絵にしようかな」って苦しむのがセカンドシーズンのスタイルでしたね。

マイスター、それぞれの決着

――刹那に続いて、他のマイスターについても話を聞かせてください。まず2代目ロックオンのライル・ディランディですが。

黒田:兄のニールの方が、大人の男で理想の兄貴というキャラクターでしたよね。だからライルは、理想の兄貴になる過渡期にいて、最終回でそこの領域に到達するようにしようと最初から決めていました。だからその分、ライルの方が揺れたり、葛藤したりするわけです。

水島:それはこちらから提案した部分でもあって、ライルのドラマをどうやって構築していくかについて「ライルがニールに並ぶというか、兄と同じところに行き着く形の方がわかりやすくないか」という話は、かなり最初の段階でしましたね。ただ、兄貴とまったく同じになるんじゃないんですよ。性格は違うけど、同じ立ち位置に立つんだ、ということで。そういう話をしていたことが、最終回に向けてビシッとはまっていった感じですね。ライルについては。

黒田:あと、サーシェスに対峙して過去を昇華したことによって、ニールより半歩前に出たという感じですかね。

水島:そうそう。

黒田:ようやく最終回でロックオン・ストラトスと並んで、半歩だけ前に進むこともできた、と。そうして生きていく覚悟を新たにするわけです。

水島:いろんな呪縛から解放され、やっと世界と向かい合えたんですね。

――ティエリアは、初登場から比べるとずっと柔らかくなりましたよね。

黒田:「ティエリアが裏切るんじゃないか?」と思っていた人もいるようですけど、もうそういう立ち位置じゃなくなっていますから。4年間、他の3人がいない間、ソレスタルビーイングを支えてきたわけで、立ち位置は既にそこで決まっているんです。

水島:本編でいうなら第1話で刹那と再会した瞬間から、ポジションがビシッと決まっていて。

黒田:そうですね。だからセカンドシーズンのティエリアを象徴する場面は「僕は人間だ」と言い切ったところなんです。

水島:セカンドシーズンの最初は、神谷(浩史)さんの芝居が、ぐっと柔らかくなっていたんですよ。ティエリアの変化を強く意識したんでしょうね。ただ、それはそれでちょっと行きすぎだったんで、修正してもらった部分はありましたね。「絵とかストーリーの中で、人間性は表現されているんで、芝居は元のトーンでお願いします」って。

黒田:そうだったんですか。そういえば第1話の刹那と再会のシーンって「(ジョン・ウー監督の)『男たちの挽歌』みたいだな」って思って書いていたことを思い出しました。「お前、だいぶ変わったな」「そういうお前は変わらないな」って言って、二人で笑い合ったら「さあ、行こうか」って肩で風を切って歩いていくという――「えっ! 他の会話なし!?」みたいな(笑)。

水島:そうそう。黒田脚本の特徴って、目と目の会話なんだよね。

黒田:ヤクザ映画とかでもあるじゃないですか。男同士の「あうん」の呼吸。

水島:でも、アニメで目と目の会話って凄く大変なんだよ。せめて、もうちょっと会話してくれると楽なんだけどね(笑)。

黒田:毎度毎度すみません(笑)。

――アレルヤは第7話で大きな節目を迎えました。

黒田:アレルヤとピーリスのエピソードは、ファーストシーズンから30話以上引っ張ってきたネタなので、第7話で一度大きな区切りをつけました。そしてその上で、二人でどう生きていくかを考えなくてはならないという状況にして、マリーを一度ピーリス化させたわけです。二人の着地点としては、矛盾を抱えた上で、その答えを見つけようとする姿を描けばいいんじゃないか、と。このあたりは監督ともいろいろ話し合いましたよね。

水島:うん、いろいろ話したね。

黒田:超兵の仲間たちを自ら手にかけたことを筆頭に、アレルヤは永遠に許されないことをしたわけです。その中でどうもがき続けながら生きていくのか、ということですよね。

水島:アレルヤって、マイスターの中では、優しい男なんですよ。ハレルヤの時は別として。でも優しいといいながら、やっていることは他のマイスターかそれ以上なんですよ。その上であの優しさというのは、実は弱さの裏返しなんじゃないか、と。ならば、自分のやってきたこととその弱さに常に向き合わないと、アレルヤは次のステップに行けない。それ故の巡礼の旅なんです。もちろん巡礼していたら罪が消えるのかといったら、消えるわけはないんですが。

幸薄めで、それでも前向きなラスト

――その他のキャラクターについても聞かせてください。まずマリナなんですが、歌を歌うという展開はどこから生まれたんでしょうか。

黒田:第8話か第9話の時に、監督がビシッと「マリナに歌を歌わせよう」と高らかに宣言されて。

水島:そうそう。でも「歌わせよう」といったら「マクロス」や「ガンダムSEED」みたいなものになると思われたみたいで、反対されましたね。だから「いや、戦艦の前で歌ったりとかはしないんだ」って方向性が全然違うことを説明して。セカンドシーズンで国を失ったマリナは、カタロンの中で子供の面倒をみるぐらいしかできないんですよ。そんな彼女の立ち位置で世界に対して何ができるだろうか、ってことを考えると、子供と一緒に歌を歌うというのは非常にふさわしいだろうと。そこには子供の望んでいる一番無垢な平和の姿が込められていて、その歌が草の根的に愛されて広がっていく。その歌で世界の流れがひっくりかえることはないです。でも無垢な願いがあって、それを通じて歪められた世界の姿を知る人もいるだろうと。物語の広がりとして、そういう歌があるといいんじゃないかと思ったんです。

――「世界がもし100人の村だったら」という文章がネットを通じて広まったことがありましたよね。あれは、世界人々の相互理解、相互受容を促す内容でしたけど、それに近いイメージですね。

水島:そう。だから、もうちょっとあの歌がラジオから流れていたりする場面を用意できればよかったんだけど、さすがに物語の本筋でやらなくてはならないことが多すぎて、そこまでカメラを向ける余裕がなかったのは、ちょっと残念だったかなと。

――最終回にマリナから刹那へのメッセージが出てきますが、ファーストシーズンの最終回と対になる構造ですね。

黒田:刹那とマリナは、求めているものが同じなんだけど、アプローチがまったく違うんです。だからこそ相手がどんなことを考えているか気になる。僕はマリナについては、「どんな境遇に置かれても生き方を変えない、信念を曲げない」ということを描ければいいだろうと思っていました。それを際立たせるために、より不幸な境遇になっていったという側面もありますし。マリナというのはそういうキャラクターなので、最終回もああいう距離感で刹那に語りかけるというのが、自然の成り行きだったと思います。

水島:最初からマリナと刹那は、互いに恋愛する対象じゃないと考えていたからね。

――もう一人の主人公といわれていた沙慈とルイスについては、どうでしょう。

黒田:ルイスについては、僕の最初のプランでは死んでしまう予定だったんですよ。でもそれを監督が「それじゃ救いになってしまう。もっと過酷な道を歩ませるべきだろう」と。

水島:そう、そんなことを言いましたね。ルイスは自分の犯した罪と向き合わなければいけないんだから、死んだら駄目なんですよ。例えば、最後に沙慈とかをかばって戦死したら、美談として「かわいそうだったね」で終わってしまうでしょう。そうじゃないんだ、と言ったんですね。彼女自身は、自分が戦争に参加してやったことを忘れてはいけないし、沙慈だって、銃こそ撃たなかったけど、戦闘の中でその矛盾を体験しているわけで、それをずっと抱えて生きていくしかないんですよ。だから、そういう意味では、二人は決してハッピーエンドとは言い切れないんです。

黒田:そういう監督の説明を聞いて、「ああ、それなら納得だな」とスッと飲み込めたんですね。じゃあ、幸薄めな方向にまとめていきましょう、となったんです。

――沙慈とルイスだけでなく、そもそも物語全体の締めくくり方そのものが、幸薄めだったと思うのですが。

水島:そうなんですよ。全員、幸薄めです。誰も幸せにならない。でも、それは別にバッドエンドということにはならないと思うんですが。

黒田:結局、生き続けるっていうのは、そういう矛盾を抱えたまま生活していくことだと思うんですよ。「00」で選んだのはそういう終わり方ですね。

水島:沙慈を筆頭に、ある種、パンドラの箱を開けちゃった人なんですよ。それまでは知らなくて済ましていたことを知ってしまって、だからこそ苦しみを与えられてしまった。でも、それによって次のステップへと進むことができたのも事実。幸薄いけれど、それはそれで前向きなラストではあると思っています。

黒田:だから、最初は何も知らなかった沙慈が物語を締めくくる役を担っているわけです。

蒼月昇さんの存在が「00」を変えた?

――リボンズが最終的な敵である、というのはファーストシーズンから決まっていたんでしょうか?

黒田:イノベイドがセカンドシーズンで敵になるというのは決まっていましたけど……。

水島:あんなに前から登場させる予定じゃなかったんだよね。

黒田:そうなんですよ。最初はトリニティを倒したら、その先のところでポーンと出てくるようなイメージで考えていたんです。「Cクラスのイノベイドであるトリニティを倒したら、特Aクラスのイノベイドが出てきましたよ! ものすごく美形で強いんだよ!」みたいなノリで。その段階で、実はアレハンドロ・コーナーも裏から操っていた、ということが明らかになるつもりだったんで、あんなに最初からリボンズが姿を見せているつもりはなかったんです。

水島:そのあたりは蒼月昇さんの登場がでかいよね。リボンズを蒼月さんが演じることが決まったことで、リボンズの立ち位置も明確になったし、かなり早い段階から登場することも決まった。

黒田:そういえば第22話のCパート――リジェネがリボンズを撃ち殺す場面は、蒼月さん、かなり驚いてくださってましたね。アフレコのスタジオで「これはどういうことですか!」って迫られたので「いや、大丈夫ですから」って説明したりして。

水島:あ、それって僕が、ちょっと遅れてアフレコスタジオに入った時のことだよね。

黒田:そうなんですよ。よりによってこの瞬間にどうして監督がいないんだと思いましたよ(笑)。それで蒼月さんには次回以降の説明もしつつ、「最後にモビルスーツに乗りますから」という説明もしたんですよ。

水島:そうそう。その次のアフレコの時には、リボーンズガンダムの設定を蒼月さんに見てもらいました。蒼月さん、モビルスーツにこだわりあるんだよね、なぜか(笑)。でも、デザインも気に入ってくれたようで、よかったなと。

黒田:別に蒼月さんだけじゃなくて、デザイナーさんや演出さんでも同じなんですけど、僕は脚本で、そういう各自のこだわりはできるだけ受け止めたいと思っているんですよ。テーマがずれない範囲であれば、そういうことをやる意味はあると思っていますし……ということもあって、リボーンズガンダムについて、最初考えたアイデアは「ガンダム」「ガンキャノン」「ガンタンク」に三段変形するガンダムというものだったんですよ。蒼月さんへのリスペクトを込めて(笑)。ただ、海老川(兼武)さんから「さすがにタンクは無理です」と言われて(笑)、二段変形になりましたが。

水島:いや、3つに変形されたら、作画も大変だし、無茶だったよ(笑)。

「ミスター・ブシドー」命名の意外な理由

――では、ミスター・ブシドーの誕生秘話について教えてください。

水島:ファーストシーズンを終えて、グラハムをその後どうするかについて、黒田君と話をしていたんですよ。ファーストシーズンのラストで、相打ちとはいえ刹那と正面から対決もしてしまったわけで、セカンドシーズンの物語の中にグラハムがいなくてはならない理由が必要だろうと。そこで、純粋に己の強さを求め磨くグラハムは精神修養を積むんじゃないかっていう話が出てきたんですよ。

黒田:監督は「きっと『五輪書』とかを読むんだよ」って言っていましたよね。

水島:そう、言っていた。それと浅井(真紀)君のデザインしてきたマスクが、般若みたいな形だったんだよね。一方、黒田君もいろんな武芸書とかを読んでくれたりして。それで、「監督、わかりましたよ!」っていって上がってきた脚本を見たら「ミスター・ブシドー」って書いてあった(笑)。いやあ、「ちょっと、ちょっとー!」って言うしかないよね(笑)。みんな驚いてたし。

黒田:でも、その時のスタッフ会議で、3分の1ぐらいの人が笑ってくれたんですよ。だったら「勝ち」かなあと思ったんですよ。笑ったってことは、半分受け入れちゃったってことですし、そこでひよって名前を変えても、それ以上のインパクトを持った名前になるかわからないから。ならば「行ったれー!」みたいな気分で命名しました(笑)。

水島:僕も驚いて笑っちゃったクチなんだけど、黒田君の閃きって面白いんだよね。だから「ミスター・ブシドー」のままいってみようかな、という気にさせられた。実際、いろんなところで「ミスター・ブシドーっていうキャラクターが出てくるんだよ」って話をすると、みんな良くも悪くも反応するんだよね。ということは、やっぱりアリなんだなあ、と。

黒田:ワンマンアーミーなので、脚本を書いていて扱いが難しいところもありましたけど、愛されるキャラになりましたよね。

水島:愛されるようになったのは、いくつかの偶然もあるんだよね。第2話でピーリスとカティの会話を聞いている場面。あれ、最初に上がってきたコンテでは、ブシドーが普通に食堂に座っていたんですよ。これではブシドーというキャラの孤高な感じが出ていないなと思ったので、自動販売機の横に佇んでいるようにコンテを直したの。ところがフィルムを見たら、自動販売機の間に隠れている姿になっていた。それでああいう場所が定位置みたいなキャラになっちゃったんですよ(笑)。それでもブシドーという人は成立しちゃうところが、凄いところなんですが。

黒田:これはあまり話していないことなんですが、ミスター・ブシドーのルーツって、水島監督がコンテ演出で参加していて、僕も脚本で参加していた……。

水島:ああ、「バトルアスリーテス大運動会」?

黒田:そう、その「大運動会」に、ミスター・ミラクルという仮面の男が出てくるんですよ。あれが一つのルーツなんですね。「<ミスター・シリーズ>で行こう!」みたいな気分で。しかもミスター・ミラクルの声は、セルゲイ役の石塚(運昇)さんだったりして、実は「大運動会」と「00」は結構接点があるんですよ(笑)。

水島:そうか~、それは気付かなかったなあ(笑)。

スタッフが盛り上げたガンダムシリーズへのオマージュ

――セカンドシーズンは、ファーストシーズン以上に戦闘シーンのテンションが高かったですね。

水島:ライザーソードとかめちゃくちゃ強いもんね。黒田君、あれをいきなり第2話で出そうとしていたからね(笑)。

黒田:あの時はとにかくダブルオーが強いことを見せたかったんですね。

水島:それにしても、第2話であれをやっちゃったら、その後上乗せしようと思っても、何ともならなくなっちゃうでしょう? だから、そのあたりはちょっと抑えてもらったりして。

黒田:強さのインフレが起きちゃいますからね。

水島:あと今回、演出的には機体性能で戦っているという部分を割と意識してやりました。パイロットの習熟度が高くなると強くなる、というのが一番面白いんだけど、「00」は物語で経過する時間が比較的に短いので、パイロットを成長させている暇がない。それもあって機体性能の優劣にポイントを置いて演出をしていたし、それだからこそ、パワーアップのタイミングが重要になるので、ドラマと連動させつつ、意識的に脚本段階で仕込んでもらいました。

黒田:パイロットという点でいうと、マイスターの人選そのものが、リボンズの介入で歪んでいるんですよ。あえて完璧な兵士でない人間ばかり選んでいるので。そのあたりは作中でアレハンドロにも指摘させたりもしています。

水島:選抜された段階で既に歪んでいる。

黒田:そうなんです。人類統一を促す過程で滅んでいく存在なので、そうなる様な人を選んでいたと……。

――本編を見ていると、「ガンダム」シリーズへのオマージュを感じさせる場面も散見します。

水島:僕は「ガンダム」シリーズはほとんどわからないので、そのあたりは黒田君と助監督の角田(一樹)君あたりが仕掛けたことですね。僕としては「映像の流れを阻害していなければ、まあいいだろう」というぐらいで。

黒田:角田さんは、最終回でも「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙篇」の冒頭のガンダムの戦いをイメージしたコンテとか描いていましたよね。

水島:最終回は、特にいろいろやってたみたいだよね。「これでないと駄目なの?」って角田君に聞くと「これでないと駄目です」って(笑)。今回、演出陣と監督の距離もかなり近かったので、そういう意味では、スタッフ間に「監督が『ガンダム』を知らないのを利用して好きにやってやろう」とか、そういう気分はかなりありましたね。逆に言うと、そういう部分もあるから、スケジュール的にきつくても頑張れたということもあるんですよ。

黒田:そういえば、途中で大きく変わったなと思ったのが、カットインが入るようになったことですね。あれにはびっくりしました。

水島:あれは単純に、最初の富野(由悠季)監督のカットインと同じで、増えすぎたカット数が馬鹿にならないということで、カット数を抑えるために<解禁>にしたんです。ただ条件をつけて、「意味のないところで使わない」「使う時は下絵に気を遣い、かっこよく」という2つについては厳しく守ってもらうことにしたんです。

――GN粒子があれほど重要な役割を果たすとは思いませんでした。

水島:要は「機動戦士ガンダム」におけるミノフスキー粒子なんだけど、「同じようなやり方は避けようね」という話はしたよね。

黒田:ええ、それでGN粒子を、どうやって「人と人が分かり合うこと」「人類の革新」というテーマに結びつけていくかがポイントになったんです。最終的には、その基礎理論を研究したのがイオリア・シュヘンベルクであるということで、彼からは始まる大きな流れの中にきっちりと収めることになりました。ただGNドライヴの数に限りがあるという設定にしたために、なかなかエンジンを破壊することができず、そこは脚本的に苦労しました。あともう一つの理由として、ダブルオーガンダムをかっこよく見せたかったというのもあります。メカをかっこよく見せるためには、性能だけでなく、ドラマ性が必要なんです。それもあってダブルオーは大きな秘密を秘めた機体にして、その秘密もGN粒子に担ってもらった、と。

気になる劇場版の内容は!?

――最後に、気になる劇場版について教えてください。

水島:まず一つ言いたいのは、劇場版の有無にかかわらず、TVシリーズで描きたかったことはあのラストで言い切ったつもりです。劇場版が決まったことで、いくつかのエピソードは変更になったけど、作品としてのテーマはまったく変わっていないので。

黒田:そうですね。だから劇場版は決してTVの本当のラストというわけではなくて、劇場版ではまた新たなテーマを設定して描くことになると思います。

水島:もとから「『00』の世界が続けば、こんなこともテーマになるんじゃない?」って話していたことがあるんですが、そこにうまくつながりそうなんですよ。そこへ向かって進んでいくのかな、と考えています。

黒田:一本の独立した劇場用作品として楽しめるものにしたいと思っています。TV版の最終回は、ファーストシーズンの最終回同様、劇場版へのネタを監督がこれでもかと投入してたので(笑)、それを手がかりにしつつ、公開を待ってもらえれば嬉しいですね。

※あくまで要約です。本文をお読みになりたい方は、月刊アニメージュ2009年5月号をお求めください。

■アニメ 最新予約開始タイトル (4/8更新)
崖の上のポニョ 特別保存版 (初回限定) [DVD]
崖の上のポニョ [DVD]
ポニョはこうして生まれた。~宮崎駿の思考過程~ [Blu-ray]
ポニョはこうして生まれた。~宮崎駿の思考過程~ [DVD]
久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~ [Blu-ray]
久石譲 in 武道館 ~宮崎アニメと共に歩んだ25年間~ [DVD]
装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版 Collector's Edition <初回限定生産> [Blu-ray]<初回限定生産> [Blu-ray]
装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版 [Blu-ray]
装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版 [DVD]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [DVD]
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい 限定版 [Blu-ray]
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [Blu-ray]
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [DVD]
交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [UMD]
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 SPECIAL EDITION ‘ZERO REQUIEM’ [Blu-ray]
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 SPECIAL EDITION ‘ZERO REQUIEM’ [DVD]
天元突破グレンラガン キラメキ☆ヨーコBOX ~Pieces of sweet stars~【完全生産限定】 [DVD]
その他のタイトルはこちら
DVD最新予約開始タイトル(4/8更新)

■レコメンド
Blu-ray Disc/DVD
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 5 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 5 (DVD)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4 (DVD)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 3 (DVD)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 (DVD)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (DVD)
機動戦士ガンダムSEED C.E.73 -STARGAZER- (UMD Video)
機動戦士ガンダム MSイグルー -1年戦争秘録- (UMD Video)
機動戦士ガンダム MSイグルー -黙示録0079- (UMD Video)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション 砕かれた世界 (UMD Video)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションⅡ それぞれの剣(つるぎ) (UMD Video)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションⅢ 運命(さだめ)の業火 (UMD Video)
機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション完結編 自由の代償 (UMD Video)
機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション 虚空の戦場 (UMD Video)
機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディションⅡ 遥かなる暁 (UMD Video)
機動戦士ガンダムSEED スペシャルエディション完結編 鳴動の宇宙 (UMD Video)
機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 3 オデッサ、鉄の嵐! (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 3 オデッサ、鉄の嵐! (DVD)
機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 2 陸の王者、前へ! (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 2 陸の王者、前へ! (DVD)
機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 1 あの死神を撃て! (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 1 あの死神を撃て! (DVD)
機動戦士Ζガンダム メモリアルボックス Part.Ⅰ (Blu-ray Disc)
機動戦士Ζガンダム メモリアルボックス Part.Ⅱ (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 1 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 2 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 3 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 4 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 5 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 6 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 7 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 1 (DVD)
機動戦士ガンダム00 2 (DVD)
機動戦士ガンダム00 3 (DVD)
機動戦士ガンダム00 4 (DVD)
機動戦士ガンダム00 5 (DVD)
機動戦士ガンダム00 6 (DVD)
機動戦士ガンダム00 7 (DVD)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムF91 (Blu-ray Disc)
ミュージック
機動戦士ガンダム00 COMPLETE BEST (完全生産限定盤)(Blu-spec CD+Blu-ray Disc+ビジュアルBOOK)
機動戦士ガンダム00 COMPLETE BEST (期間生産限定盤)(CD+DVD)
CDドラマ・スペシャル3 機動戦士ガンダム00 アナザストーリー (タイトル未定)
菅野よう子コレクションアルバム スペース バイオチャージ
LIVE IN PARIS (DVD)
UVERworld Premium Live at NIPPON BUDOKAN (初回生産限定盤)(DVD)
UVERworld Premium Live at NIPPON BUDOKAN (通常盤)(DVD)
NO LIMITS ∞
機動戦士ガンダム00 ORIGINAL SOUND TRACK 04
Animelo Summer Live 2008 -Challenge- 8.30 (Blu-ray Disc)
Animelo Summer Live 2008 -Challenge- 8.30 (DVD)
Animelo Summer Live 2008 -Challenge- 8.31 (Blu-ray Disc)
Animelo Summer Live 2008 -Challenge- 8.31 (DVD)
trust you(ガンダム盤)(期間生産限定)
trust you(通常盤)
TOMORROW
泪のムコウ(ガンダム盤)(期間生産限定)
泪のムコウ(通常盤)
機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線 オリジナルサウンドトラック 特装盤
機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線 オリジナルサウンドトラック
機動戦士ガンダム00 Voice Actor Single 吉野裕行 come across アレルヤ・ハプティズム After image/太陽
機動戦士ガンダム00 Voice Actor Single 神谷浩史 come across ティエリア・アーデ Idea/elephant
機動戦士ガンダム00 Voice Actor Single 三木眞一郎 come across ロックオン・ストラトス 永遠(とわ)の螺旋/Answer
機動戦士ガンダム00 Voice Actor Single 宮野真守 come across 刹那・F・セイエイ Soup/箱空
CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー MISSION-2306
CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー2 Road to 2307
機動戦士ガンダム00 ORIGINAL SOUND TRACK 01
機動戦士ガンダム00 ORIGINAL SOUND TRACK 02
機動戦士ガンダム00 ORIGINAL SOUND TRACK 03
ゲーム
ニンテンドーDSi ピンク
ニンテンドーDSi ライムグリーン
ニンテンドーDSi メタリックブルー
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バイブラント・ブルー(PSP-3000VB)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ラディアント・レッド(PSP-3000RR)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ブライト・イエロー(PSP-3000BY)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 スピリティッド・グリーン(PSP-3000SG)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック バイブラント・ブルー(PSPJ-30002)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック ラディアント・レッド(PSPJ-30001)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック ブライト・イエロー(PSPJ-30003)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック スピリティッド・グリーン(PSPJ-30004)
ドラゴンクエストIX 星空の守り人
ニンテンドーDSi ブラック
ニンテンドーDSi ホワイト
PSP「プレイステーション・ポータブル」(PSP-3000特別仕様) ガンダムvs.ガンダム プレミアムパック
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ピアノ・ブラック(PSP-3000PB)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 パール・ホワイト(PSP-3000PW)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミスティック・シルバー(PSP-3000MS)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック ピアノ・ブラック(PSP-3000KPB)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック パール・ホワイト(PSP-3000KPW)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック ミスティック・シルバー(PSP-3000KMS)
PLAYSTATION 3 (80GB) クリアブラック
PLAYSTATION 3 (80GB) サテンシルバー
PLAYSTATION 3 (80GB) セラミックホワイト
PlayStation 2 チャコール・ブラック(SCPH-90000CB)
PlayStation 2 セラミック・ホワイト(SCPH-90000CW)
PlayStation 2 サテン・シルバー(SCPH-90000SS)
Wii(「Wiiリモコンジャケット」同梱)
Wii
Xbox 360 アーケード(HDMI端子搭載、256MBストレージ内蔵)

機動戦士ガンダム ジ オリジン 画集
機動戦士ガンダム00 MISSION COMPLETE 2307-2312
スーパーロボット大戦K パーフェクトバイブル
BB戦士三国伝 英雄激突編 (3)
GUNDAM LEGACY (3)
機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線 (1)
機動戦士ガンダムUC (8) 宇宙と惑星と
機動戦士ガンダムUC (8) 宇宙と惑星と 特装版 MGシナンジュVer.Ka用バズーカ付き
Newtype (ニュータイプ) 2009年 05月号 [雑誌]
アニメージュ 2009年 05月号 [雑誌]
アニメディア 2009年 05月号 [雑誌]
PASH (パッシュ) ! 2009年 05月号 [雑誌]
声優グランプリ 2009年 05月号 [雑誌]
声優アニメディア 2009年 05月号 [雑誌]
animage ORIGINAL (アニメージュオリジナル) vol.3
僕たちの好きなガンダム ガンダムまるわかりブック 初代「機動戦士ガンダム」編 (別冊宝島スペシャル)
僕たちの好きなガンダム ガンダムまるわかりブック 機動戦士ガンダム 全OVA&劇場版編 (別冊宝島スペシャル)
ガンダム合戦伝
ラーメンズ・片桐仁のガンプラ戦士ジンダム
機動戦士ガンダムSEED アーカイブ 3D&設定資料集
ガンダムウェポンズ 逆襲のシャア編Ⅱ
やさしいピアノ弾き語り 機動戦士ガンダム00(ダブルオー)
やさしいピアノ弾き語り 機動戦士ガンダム Best Selection 改訂版
語ろうシャア! (文庫)
語ろうΖガンダム! (文庫)
機動戦士ガンダム語録 (文庫)
GUNDAM A (ガンダムエース) 2009年 05月号 [雑誌]
機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル ファーストガイド
土田晃之のガンダムにもの申す!
あつまれ!ガンダムきのこ味
1丁目のタイムカプセル 機動戦士ガンダムより
機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊 (4)
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α (4)
大河原邦男画集 機動戦士ガンダム 原典継承
電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2009年 05月号 [雑誌]
Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2009年 05月号 [雑誌]
Model Graphix (モデルグラフィックス) 2009年 05月号 [雑誌]
スーパーロボット大戦K プレイヤーズバイブル
マスターピース ダブルゼータ・ガンダム
新・模型情報!! Vol.1
ガンダムパイロット列伝 蒼穹の勇者達 (講談社プラチナコミックス)
NEWTYPE ROMANCE (ニュータイプロマンス) 2009年 04月号 [雑誌]
グレートメカニックDX 8
機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V 公式コンプリートガイド
機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V ファイナルコンプリートガイド
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン (1) 天使再臨 (角川スニーカー文庫)
機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS スペシャルエディション
機動戦士ガンダム00 2nd.season 1
機動戦士ガンダム00F (3)
GUNDAM LEGACY (2)
機動戦士ガンダム U.C.戦記 追憶のシャア・アズナブル
機動戦士ガンダム00 蒼い記憶
電撃データコレクション THE BEST 機動戦士Ζガンダム大全
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン (1) (KCデラックス)
ザク大事典 -All about ZAKU-
ガンダム「武器・防具」伝
機動戦士ガンダム カードビルダー オールマテリアル
機動戦士ガンダム MS戦記
アニメックの頃… 編集長(ま)奮闘記
機動戦士ぶよガンダム (1)
なるほど ☆ ことわざ ガンダムさん
機動戦士ガンダムさん よっつめの巻
ガンオタの女 (3)
燃え上がれ! ガンネタ選手権
機動戦士ガンダム00 高河ゆんデザインワークス
ガンダムの常識 一年戦争モビルスーツ大全
機動戦士ガンダム00 300 Years Later (テレビマガジン特別編集スペシャル)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (18) ララァ編・後
機動戦士ガンダム バニシングマシン (2)
GUNDAM LEGACY (1)
機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画 (2)
BB戦士三国伝 英雄激突編 (2)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.1 (専用バインダー付き)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.2
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.3
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.4
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.4 (専用バインダー付き)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.5
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン オフィシャルファイル vol.6
機動戦士ガンダムUC (1) ユニコーンの日(上)
機動戦士ガンダムUC (2) ユニコーンの日(下)
機動戦士ガンダムUC (3) 赤い彗星
機動戦士ガンダムUC (4) パラオ攻略戦
機動戦士ガンダムUC (4) パラオ攻略戦 特装版(MGユニコーン武器セットつき)
機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊
機動戦士ガンダムUC (6) 重力の井戸の底で
機動戦士ガンダムUC (7) 黒いユニコーン
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (2) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (3) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (4) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (5) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (6) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (7) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (8) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (9) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (10) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (11) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (12) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (13) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (14) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (15) オデッサ編・前 (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (16) オデッサ編・後 (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (17) ララァ編・前 (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式ガイドブック (角川コミックス・エース)
愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 始動編
愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ ガルマ編
愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ ランバ・ラル編
愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ ジャブロー編
機動戦士ガンダム00 (1) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム00 (2) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム00 (3) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム00 (1) (マガジンZコミックス)
機動戦士ガンダム00 (2) (マガジンZコミックス)
機動戦士ガンダム00 (3) (マガジンZコミックス)
機動戦士ガンダム00 (4) (マガジンZコミックス)
機動戦士ガンダム00 (1) ソレスタルビーイング (角川スニーカー文庫)
機動戦士ガンダム00 (2) ガンダム鹵獲作戦 (角川スニーカー文庫)
機動戦士ガンダム00 (3) フォーリンエンジェルス (角川スニーカー文庫)
機動戦士ガンダム00F (1) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム00F (2) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム00P Vol.1 (電撃ホビーマガジンスペシャル)
機動戦士ガンダム00P Vol.2 (電撃ホビーマガジンスペシャル)
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.1
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.2
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.3
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.4
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.4 (専用バインダー付き)
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.5
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.6
ROMAN ALBUM 機動戦士ガンダム00 FIRST MISSION
機動戦士ガンダム00 アーカイブ 3D&設定資料集
機動戦士ガンダム00 パーフェクトミッションファンブック
機動戦士ガンダム00 メカニック-1st
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4years after
機動戦士ガンダム00 WORLD REPORT
機動戦士ガンダム00 Meister's Mission
機動戦士ガンダムΖΖ外伝 ジオンの幻陽 上
機動戦士ガンダムΖΖ外伝 ジオンの幻陽 下
機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像 (12)
機動戦士ガンダム オレら連邦連邦愚連隊 (3)
BB戦士三国伝 英雄激突編 (1)
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α (3)
機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル (11)
妹ガンダム (「機動戦士ガンダム」より) (2)
ガンオタの女 (2)
機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS Vol.1
機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS Vol.2
おもちゃ&ホビー
ROBOT魂 クロスボーンガンダムX-2改
ROBOT魂 マスラオ
プロッププラスプチ ガンダム30周年(BOX)
ROBOT魂 ガラッゾ(ヒリング機)
MG Gアーマー 大河原カラーバージョン
HGUC Hi-Vガンダム
HG オーガンダム (実戦配備型) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG ガンダムエクシア リペアⅡ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
MG MS-07B グフ Ver.2.0
1/100 ダブルオーライザー デザイナーズカラーバージョン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 ガンダムアストレイ ゴールドフレーム
三国伝 孫尚香ガーベラ
三国伝 徐晃サーペント
HGUC シュツルムディアス
HG アルケーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
ガンダムクロニクルバトライン ブースターパック 第3弾 -激動の戦線- BOX
G.F.F.N エールストライクガンダム
ROBOT魂 クロスボーンガンダムX-1
SDX サタンガンダム
ガンダムクロニクルバトライン 構築済みスターターキット エースパイロットEdition 地球連邦軍
ガンダムクロニクルバトライン 構築済みスターターキット エースパイロットEdition ジオン公国軍
機動戦士ガンダム00 マイスターワークス 4ever BOX
ガンダムウォー DXタクティカルスターター 「破壊と再生の剣」
ガンダムウォー DXタクティカルスターター「異世界からの使者」
SDガンダムフルカラーカスタム ガンダム30周年スペシャル 120個入り
ROBOT魂 オーガンダム
ROBOT魂 ガデッサ(ヒリング機)
HG 1/144 トランザムライザー グロスインジェクションVer. ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
SUNRISE CRUSADE The 7th ~迫り来る脅威~ スターターセット
SUNRISE CRUSADE The 7th ~迫り来る脅威~ ブースターパック BOX
ガンダムウォー ブースタードラフト エントリーパック '09
MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム Ver.Ka チタニウム・フィニッシュ
1/100 ガンダムアストレイ グリーンフレーム
1/100 セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ガラッゾ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
BB戦士 No.321 馬超(ばちょう)ブルーディスティニー
BB戦士 大太府 司馬懿(しばい)サザビー
BB戦士 孫権ガンダム・周瑜ヒャクシキ ~赤壁の轟砲~
BB戦士 孔明リ・ガズィ 周瑜ヒャクシキ レッドクリフスペシャルセット
MG 1/100 ソードインパルスガンダム
HGUC 1/144 νガンダム (ヘビー・ウエポン・システム装備型)
HG 1/144 アヘッドスマルトロン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
バンダイ アクションベース1 ジオン軍Ver.
バンダイ アクションベース1 連邦軍Ver.
BB戦士 No.322 SDダブルオーライザー
BB戦士 No.323 黄忠(こうちゅう)ガンダム
BB戦士 No.324 部隊兵
カレンダーキャラクターズ 12ヶ月のガンダム00 (BOX)
ROBOT魂 アヘッド脳量子波対応型“スマルトロン”
ROBOT魂 ジンクスⅢ(地球連邦カラー)
PG 1/60 ガンダムアストレイ レッドフレーム
ザクマニア 第1弾 ジオンの脅威
ザクマニア 第2弾 ランバ・ラル特攻!
MG 真武者玩駄無 戦国の陣
ガンダムクロニクルバトライン 第2弾 ブースターパック BOX
MG 1/100 RGM-79 ジム Ver.2.0
MG 1/100 百式 HDカラー
1/100 アリオスガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ダブルオーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 セルゲイ専用 ティエレンタオツー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
ジャンボグレード RX-78-2 ガンダム 30周年記念Ver.
ジャンボグレード MS-06S シャア専用ザク 30周年記念Ver.
ROBOT魂 ガデッサ
ROBOT魂 ガラッゾ
マルチボックスなんでもハロ 赤ハロ(レッドカラー)
マルチボックスなんでもハロ ハロ(オレンジカラー)
メガブロック BFS001 RX-78-2 ガンダム
メガブロック BFS002 MSZ-006 Ζガンダム
メガブロック 拡張ブロックセットA
SUPER HCM Pro ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
SUPER HCM Pro ガンダムエクシアDX ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM Pro オーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG ジンクスⅢ(連邦軍カラー) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG セラフィムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
バンダイ アクションベース1 ユニコーンガンダムVer.
バンダイ アクションベース1 シナンジュVer.
MG 1/100 Gファイター ガンダムVer.2.0用V作戦モデル
MG 1/100 Ζガンダム Ver.2.0 HDカラー
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ レズン・シュナイダー専用機
1/100 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ガデッサ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 GNアーチャー(ガンアーチャー) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 オーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ガンダムエクシア トランザムモード ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ガンダムデュナメス トランザムモード ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ガンダムキュリオス トランザムモード ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ガンダムヴァーチェ トランザムモード ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
U.C.ハードグラフ 1/35 地球連邦軍61式戦車5型 セモベンテ隊
ガンダムウォー 22弾 武神降臨 スターター
ガンダムウォー 22弾 武神降臨 ブースターパック BOX
機動戦士ガンダム00 ビジュアルアートワークス Final Phase:パック BOX
ちびボイス 機動戦士ガンダム00 2nd Season Vol.2 (BOX)
プロッププラスプチ 機動戦士ガンダム00 2nd Season Vol.2 (BOX)
ROBOT魂 アリオスガンダム+GNアーチャーDXセット
ROBOT魂 GNアーチャー
ROBOT魂 アヘッド(ブシドー専用機)
ROBOT魂 ジンクスⅢ(アロウズカラー)
ROBOT魂 ターンX
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE #1005 Ζplus (RED)
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE LIMITED Ζplus (BLUE)
G.F.F.N. ΖⅡ
機動戦士ガンダム00 マイスターワークス 3rd Phase BOX
SDX フルアーマーナイトガンダム
HCM-Pro セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ブシドー専用アヘッド ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
機動戦士ガンダム00 MS&キャラクターセレクション MISSION:003 BOX
ガンダムクロニクルバトライン スターターキット
ガンダムクロニクルバトライン ブースターパック BOX
MG 1/100 シナンジュ Ver.Ka
1/100 ダブルオーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 オーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG アリオスガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 アヘッド量産型 ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
バンダイ アクションベース1 ソレスタルビーイングVer.
HCM-Pro62-00 G-BOX オーライザー+ダブルオーガンダムコンプリートセット ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro63-00 G-BOX アリオスガンダムコンプリートセット+スペシャルアイテム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
ROBOT魂 ダブルオーライザートランザム
ROBOT魂 オーライザー
ROBOT魂 セラヴィーガンダム
ROBOT魂 アヘッド
ちびボイス 機動戦士ガンダム00 2nd Season (BOX)
プロッププラスプチ 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン (BOX)
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ビジュアルアートワークス パック BOX
SDX 騎士ガンダム(列伝版)
1/100 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 GN-X(ジンクス)Ⅲ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
BB戦士 No.316 ダブルオーガンダム
ROBOT魂 ダブルオーガンダム
ROBOT魂 ケルディムガンダム
ROBOT魂 アリオスガンダム
ROBOT魂 グラハム専用ユニオンフラッグカスタムⅡ(GNフラッグ)
HCM-Pro61-00 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro60-00 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
フュージョン戦記 ガンダムバトレイブ 3 ブースターパック BOX
MG ユニコーンガンダム Ver.Ka
機動戦士ガンダム00 マイスターワークス 1st Phase BOX
機動戦士ガンダム00 マイスターワークス 2nd Phase
機動戦士ガンダム00 MS&キャラクターセレクション MISSION:001 BOX
機動戦士ガンダム00 MS&キャラクターセレクション MISSION:002 BOX
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。