富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
FABRICA[11.0.1]「LOST GARDEN」 アフタートーク 富野由悠季×本広克行 レポート
2008-10-04 Sat 00:47
■FABRICA[11.0.1]「LOST GARDEN」 アフタートーク 富野由悠季×本広克行 レポート

2008年9月19日
赤坂レッドシアター
FABRICA[11.0.1]「LOST GARDEN」 アフタートーク 富野由悠季×本広克行

(観客の大きな拍手の中、本広さんが登場)

本広
え~と、あの、演出をやりました本広でございます。

(観客大きな拍手)

今から、アフタートークなんぞをやろうかなと。こんなにお客さんが入るなら、アフタートークなんていらなかったんじゃないかと思うんですが(笑)。えっと、僕が最も影響を受けている大先輩の富野監督にお越しいただきました。富野さん、よろしくお願いします。どうぞ。

(観客の大きな拍手の中、富野監督が登場)

富野
ホントに、この場違いの場所にノコノコ出てきてしまい、本当に申し訳ありません。

本広
いえいえ!(笑)

富野
幽霊だと思ってください(笑)。
※舞台「LOST GARDEN」に幽霊が登場するシーンがあるのにひっかけている。

本広
あははは!(笑) はい。アフタートーク、今日で4夜目というか、僕の中では千秋楽なんですけど、すげー緊張してます、今日は。

富野
いや、あのね、こちらはもっと緊張してるのは、芝居を見ているうちに、芝居では演じてるつもりでいらっしゃるんでしょうけども、全部リアルな話なんですよね、僕にとって。

本広
はい。

富野
なので、そのリアルな延長線上のままに、ここにいるっていうことが、実を言うと僕にとっては、あの、舞台上にいるってことではなくて、「なんでここにいなくちゃいけないのか?」とものすごく困ってます(笑)。

本広
あははは!(笑) あの、監督の作品を見て、僕は育って、今日もちょっと(劇中のセリフに)入っていましたけど、「ちびっこニュータイプ」とか言ってましたけど(笑)。

(観客爆笑)

後で怒られるなあと(笑)。アドリブなんですよ、あれ。

富野
全然そんなことじゃなくて、今ようやく、自分自身の落ち着く気分がわかりました。さっきの演出家の新城くん(注)が、開き直って舞台に立った、あの瞬間の気分になればいいんだなと今ようやくわかったんで、これからは富野由悠季を演じます!(笑)

(観客爆笑そして大きな拍手)

(注)
舞台「LOST GARDEN」の登場人物。上から目線でインテリぶった演出論を振りかざす演出家。強いリーダーシップで劇団のキャストとスタッフを統率するが、その独善的で独裁的ともいえる態度に脚本家の谷口は激しく反発する。劇中、ある事件により急遽、ある俳優の代役として舞台に出演することになるが、いざ舞台に立つと、極度の緊張により普段の偉そうな演出論からは考えられない爆笑もののNGを連発する。

本広
いやいやいや(笑)。

富野
そのくらい芝居を作るということを、ロボットアニメの仕事しかやってなかった人間なんですが、30年以上やらせてもらってますと、今みたいな開き直りをしない限り、ここでしゃべれなくなりますんで。

本広
あははは! なんかすごい空気悪いッスよ(笑)。こっちは緊張して…。

(観客爆笑)


富野
もう一つ言わせていただくとね、ホントにあなたたちの世代が絶対に間違えていることがあるのは、もう67(歳)になってるんです、こっち。若々しく、ビビッドに、こういうふうな容量なところ(劇場)で、しゃべること自体がだいたいできなくなってるはずの年齢なんだから…。

(観客爆笑)

本広
いやいや(笑)。

富野
ホントに勘弁してください!

(観客爆笑)

本広
あははは!(爆笑) いやいや、まだボケさせないですからね!(笑)

(観客爆笑)

富野
そういうことで、先ほど、ちらっとだけ打ち合わせをしたところにまで、早く乗る努力をします。

本広
はい。お願いします。30分前に打ち合わせをばっちりしたんですけど、いま全然乗ってないですからね(笑)。

(観客爆笑)

え~とですね、じゃあまず、なぜ今日来ていただいたかという説明をしなくちゃいけないんですけど、やっぱり、演劇をやってる人とか、クリエイターとか、ミュージシャンの方って、監督が作った「機動戦士ガンダム」とか、サンライズのアニメーションからの影響を受けている人が非常に多くて。演劇人は特に多いんですよ。ほとんどの人が、「ショガン(初代ガンダム)」…(本広さん、ニヤリと笑う)。

(観客爆笑)

今の絶対にウケると思いました、俺(笑)。「ファーストガンダム」と呼ばれるものには相当影響を受けてまして、あれをたぶん僕らは目指してると思うんです。「エヴァンゲリオン」だって、そのまんまじゃないかと、僕らは思うんですけど…。

富野
あの、すいません。「エヴァンゲリオン」はあまりよく見てないの。

本広
ああっと! いっけね~!(おどけて舌を出す)

(観客爆笑)

危ない!危ない! ええっと、それで~(しらじらしく困ってみせる)。

(観客爆笑。富野監督も笑いを必死にこらえる)

あの富野さん、僕は「イデオン」が好きなんですけどね。

富野
はい。僕も「イデオン」が好きです。

本広
「イデオン」はホントに…。

富野
あれは傑作ですよね、絶対に。

本広
ぶっ! 自分で言う!?(爆笑)

(観客爆笑)

富野
だって、そう思うもの。それで、どうしてそう思うかというと、こういうことなんです。わー、こんな大風呂敷を広げてしまった。そうするとエンディングに落とす方法が絶対に思いつかない。だったらみんな殺しちゃえ(茶目っ気たっぷりの表情で)。

(観客爆笑)

…という論理しか思いつかなかったという、そういうレベルの能力が作ると、ああいうふうに作るわけ。それで作ってみるとね、自分の能力以上のものができたかもしれないと…。

本広
いやいやいや(笑)。

富野
…と思えるんで、気持ちがよかったと、そういうことです。

(観客爆笑)

本広
一応あの、富野監督はその昔は、「あらいぐまラスカル」とかの絵コンテも描いてたりしますよね。

富野
「アルプスの少女ハイジ」もやってます。「未来少年コナン」では、今や飛ぶ鳥も落とす勢いのミヤザキ・シュン(宮崎駿[ミヤザキ・ハヤオ])に…。

本広
シュンって言うな!(笑)

(観客爆笑)

富野
僕のコンテは全部直されました!(笑)

(観客爆笑)

本広
あははは!(笑) そんなレアな話(笑)。今日すげーいいッスね(笑)。

(観客爆笑)

富野
富野由悠季を演じてる。しらふでリアルじゃできません(笑)。

(観客爆笑)

本広
いやあ(笑)。あの、後で皆さん、質疑応答したいと思いますんで、富野さんへの質問を考えておいてください。

(「おお~っ」と観客どよめく)

僕は、一番監督に聞きたいなと思ったことがありまして。「ガンダム」って30年前のソフトですよね? それが今や巨大ソフトになってしまって…。

富野
はい。

本広
たぶんハリウッドからも声がかかってたりすると思うんですけど、そういう巨大なコンテンツを作ってしまって、どうやってその壁を、「ガンダム」の壁を乗り越えたかって。僕は、「踊る大走査線」っていう、そこそこヒットした映画がありまして…。

富野
いやあ、年度ヒットでいったら、決定的に高いターゲットなんで、我々にとっては。とてもうらやましいと思って。

本広
でも、いつまでたっても「踊る」っていうのが取れなくて、乗り越えられないんですよ。監督はどうやって「ガンダム」を乗り越えたのかなあってのをちょっと聞きたかったんですよ。

富野
あの、それに関しては、リアル富野も実感してることなんですが、乗り越えちゃいません。いまだに乗り越えてませんし、その端的な例が、著作権を手に入れられませんもん、僕に。

本広
えっ?

富野
僕に著作権ないですもん。

本広
ええっ!? どういうことですか?

富野
著作権がないんです! 「ガンダム」の著作権の保有者というのは広告代理店です。彼らが押さえている。

本広
そうなんですか。

富野
著作権を管理しているところも広告代理店です。その次にどうもテレビ局も入っているようです。そしてプロダクションも入っているようです。ですから、著作権者としての権利は一切入っていません。

本広
へえ~。

(「へえ~」と驚く観客)

富野
そういうこと一つ取ってみても、乗り越えていないっていう下世話な言い方もできますが、精神論的に言っても、さっきの「イデオン」の話と同じことで、全部が自分の能力で作った作品ではないっていう自覚があります。これはスタジオワークだからです。つまりキャラクターデザイナーもいるし、メカデザイナーもいるし、シナリオライターも何人もいる。それを最終的に総括していった立場があったうえで、ノベルス作りとかしていました。ただ、「ファーストガンダム」のときに初めて、個人名を原作者の立場に置くことができたんです。

本広
へえ~。

富野
それまでの作品は、原作者の立場は全部、会社の名前でした。

本広
ほお~。

(「へえ~」と驚く観客)

富野
だけどまさに法人が、作家になれるわけはないだろうから、原作者名のところに名前を載せてくれないかってことだけは認めていただいただけのことですから、いまだに著作権者としての権利は僕には一切ないんです。

本広
へえ~。

富野
だから、それだけでも乗り越えていませんし、この部分は映画の著作権を考えたときに全部響いているんです。だから映画の著作権というのが、映画の監督になくて、制作会社にあるっていう法律を結局日本でも認めてしまったというのも、そういうプロダクションがあって、テレビ発の著作権論みたいなものから(聞き取れず)して、そういうものができていった。

本広
へえ~。

富野
ただこの話は、一方的な話です。僕程度の能力の人間にとっては、むしろスタジオワークでみんなで仕事をやっていくなかで、自分の能力以上の仕事をさせてもらえたっていうことがあって、たまたま原作者のところに固有名詞としての自分の名前を載せてもらったおかげで、それ以後「ガンダム」の作者と一応言われていることの利益の方がきっと巨大だと思ってます。

本広
へえ~。

富野
ですから、そういう意味では乗り越えてる部分もあるだろうとも言います。それからあと、30年この仕事とか権利論と寄り添ってきたときに、こういうことも言えます。むしろ一人の、原作権も持っていて、プロモーション全体に対しての発言権というのが現在以上に強かったら、「ガンダム」がこういうような形で拡大したのかということに関して言えば、おそらく拡大しなかっただろうと言えると思います。

本広
はあ~、なるほど。

富野
で、それはどういうことかという事例を一つだけ挙げておきますが、この固有名詞は絶対にこの会場の外では話さないでください!

(観客爆笑)

本広
あははは!(笑) 

富野
どういうことかというと、こういうことです。「宇○○○○○○」を○○が押さえていたおかげで、ひょっとしたら拡大しなかったのかもしれないとか、あと他の諸々の、いくつかの、漫画家とか作家が原作権を押さえていた作品が、おそらく「ガンダム」ほどには広がっていなかったというのは、実を言うと、おそらく一人の権利論とか利益論で振り回されて、結局ビジネスが拡大しなかったんじゃないかってこともはっきりわかるようになりました。

本広
なるほど~。

富野
ですからむしろ、これ以後、映像の世界に関しては、スタジオワークのなかで、著作権というものを広くビジネスに運用できるようなシステムを作り、そのなかの一員になる方が、凡族は生きていられるっていうことです。天才っていうのはそんなにいないわけですから。

本広
天才じゃないですか、監督は。

富野
天才ではないです。ただ、今言ったようなことを、今までの人があまり言ってないとすれば、かなり天才的な発言かもしれない。

(観客爆笑)

本広
確かにそうですよね。一人の人が(著作権を)押さえると…。

富野
ディズニー作品というのが、一番穏当な例なんですけど、ウォルト・ディズニーという個人がもし全部(著作権を)コントロールしていたら…。あの、ある時期ディズニープロっていうのは潰れそうになってます、2度ほど。それで結局、むしろカンパニーにして、ビジネスとして拡大していくことによって、今の規模のディズニープロっていうのが維持されたっていうことは、端的に言えることだと思います。ですから逆に言いますと、あ、この名前も会場以外では出さないでください(笑)。○ー○○プロっていうのは、実体が今どこにあるのかかなり怪しいとも言えるわけです。経営論・管理論という視点からとったときに。

本広
勉強になるな、今日…。

(観客爆笑)

今日って、とりあえず「ザクって(名前)、どうしてつけたんですか~?」とか、そういう話になるとばかり…。

(観客爆笑そして大きな拍手)

「ジェットストリームアタックはどうやって?」みたいな。

(観客爆笑そして大きな拍手)

富野
だから、ザクっていうのはね、一番初めに出てくるときにザクザクって歩いてきたからザクっていうんだよ(おどけた調子で)。

(観客爆笑)

ジェットストリームアタックはどうしてかっていうと、なんか作戦名をつけないとチビは食いついてこないからっていうことで、ジェットストリーム…

本広
(富野監督の話を遮るように)監督! それ僕、文献で読んでるんで、もういいです(笑)。

(観客爆笑そして大きな拍手)

え~、皆さんに質問を…。ガンダムビジネスの話も聞けましたし…。いやちょっと重かったですね。僕、ドキッとしましたその話。

富野
さっきの話は、もう少し、我々現場の人間もそうだし、出資者サイドも、意識してシステムを組んでいくということをしないといけない時代に、明らかになってきていると思います。ということだけ言っておきます。

本広
じゃあ、会社辞められないですね、これ。

(観客爆笑)

富野
だから、「個人でプロダクションを作るのはかなりいかがなものかな」とか「小劇団をバサバサバサバサ作って、それでお前ら気持ちがいいのか」っていうのは、ちょっと言いたいところではあります。

(観客爆笑)

本広
ぶわははは!(爆笑)

富野
でもそういうことは、こういうところでは絶対に言っちゃいけない!

(観客爆笑)

本広
言ってるじゃないですか! 言ってますよ、もう!(爆笑)

(観客爆笑)

え~、質問がありましたら、誰か…。何かありませんでしょうか?

富野
大人の集まりだから、そういう質問はないよ。

本広
いや、絶対あります。今日は仕込んでいるんで、質問あると思いますよ。

(観客からまったく手が挙がらない)

本広
おかしいな…。質問は…あ、どうぞ!

観客A
最近のガンダムについてどう思いますか?

(観客爆笑)

本広
いい質問!(笑)

富野
あの、とてもいい質問だと思いますが、すいません、他人の作ったガンダムは一切見てませんから(笑)。

(観客爆笑)

本広
これ、マジなんですよ~。

(「へえ~!?」と驚く観客)

びっくりですよね。他に何か? あ、どうぞ!

観客B
私は10代のときに兄と一緒に「ファーストガンダム」のDVDを見たんですけど、すごく影響を受けまして。今アニメをあまりご覧にならないとおっしゃってましたが、普段舞台ですとか映画ですとか小説などをご覧になっていらっしゃるのでしょうか?

富野
活字を読むのがとても大変なので、あまり(小説を)読んでませんし、舞台は決まった時間に行かなくちゃいけないので、ほとんど見てませんし、音楽は全然わからないんで、あまり聞きません。

本広
Gacktとか仲良しじゃないですか。

富野
別に。仕事だから。

本広
あ、そうなんスか。

(観客爆笑)

え~と、娘さんは演出家なんですよ。

富野
もう演出はやめたの。今は子育てをやってます。

本広
でも、元演出家でダンサーじゃないですか。

富野
ダンサーは別の娘!

(観客笑い)

ダンサーは…ダンサーじゃないの。ストリッパーだったら金を稼いでくるからいい。コンテンポラリー(現代芸術)をやってたら何にも起こらない。

本広
いやいやいやいや(笑)。こういうもの(小劇場の舞台)の究極がコンテンポラリーですよ。

富野
あのさ、そういうのを見てるから、お前ら好きに勝手にやれるものをやっていいってもんじゃないんだよってことを、歳をとればとるほど心配になるから…。

本広
なんだ、娘に言ってるんですね。僕に言ってるのかと思いました。

(観客爆笑)

富野
いや、ここに集まってるみんなに(笑)。

(観客爆笑)

本広
はい。他の質問が何かありましたら…。

(観客からなかなか手が挙がらない)

あれ? おかしいなあ…。仕込んでるのになあ…。

富野
今の質問の方に、今の答え方だけだと、ちょっと失礼なんで、ちょっとだけ思い出しまして、あの、本当に自分は無趣味なんだっていうことを中学時代から自覚してます。本当に好きなのは、本物のロケットを作って打ち上げることだけが、志向性があったのに、理科系を挫折した人間なんです。

(「へえ~」と驚く観客)

本広
日芸(日本大学芸術学部)ですよ、日芸。

富野
うん。だから日芸に行くしかなかったんです。どうしてかっていうと、文科系なんだから。で、文科系でも、理科系、つまり道具・機械を通して表現するものだったら、理工科系からでも入れるっていうんで、写真か映画。

本広
へえ~。

富野
で、写真よりも映画の方が動くぶんだけメカニカルなんで、映画にしたんです。だからその結果、映画は好きになりました。ただ、好きなのは映画だけなんです。ですから、先ほどのご質問にあったようなことで、むしろ実際に仕事をするようになって、漫画ってどういうものかっていうんで、必死に読まなくちゃいけなかった時期もあります。それから、音楽も聴かなくちゃってことで、毎日毎日歌謡番組を見ることもしてました。それこそ今日の舞台みたいに「チェーホフなんて知らねえよ!」みたいな感じで(本を)読まなくちゃいけない時期もあったんですが、すべてそれは、理解する、対応するということでのカウンター行為なので、身に付かないということを、30年間実感してる部分もあります。

本広
へえ~。

富野
ただ、その部分全部がオール・オア・ナッシングにはならないと思っているのは、オタクの持っている深さの怖さ、オタク的視点でいったときに、それは「三文オペラ」のようなものもできるだろうけども…。今年の春、初めてです、「ベガーズ・オペラ」というものを見させてもらいました。そしたら、「ベガーズ・オペラ」というのが実をいうと「三文オペラ」の原型だったということを知ったときに、「三文オペラ」みたいに字面・論理だけで追いかけていく舞台よりは「ベガーズ・オペラ」の方がわかりやすかったという事実を、67(歳)にして知りますと、オタクはやばいぞ。「オタクはオタクでいい」とは言えない!

(観客爆笑)

本広
ぼ、僕は違いますよ(笑)。なんでこっちを見るんですか!(笑)

(観客爆笑)

富野
ということで、舞台というものの持っている素敵な部分つまり原理原則を知るようにはなりました。どういうことかというと、オープン・エンターテインメントはみんなで肩擦り合わせて見ていても楽しいものなんだっていうこと。それから映画「恋に落ちたシェイクスピア」がとても上手くやっている通りです。シェイクスピア演劇の時代の人々はどういうふうにして舞台を見ているかっていうのは、あの映画がかなり正確に表現している気がしました。あういうようなものであるんで、オタッキーなのが演劇になるとは思ってない!

本広
なんでいちいち僕の方を見るんですか!(笑)

(観客爆笑)

富野
いやいや(笑)。一見で言ってて(笑)。

本広
一見って、何で僕ばっかり言うんですか(笑)。

富野
僕は「他の人の芝居見てない」って言ってるじゃない(笑)。

本広
ああ、そうか(笑)。

富野
今日初めてなんですよ、こういう舞台を見るのは。

本広
そうか~。じゃあ毎回見に来てくださいね。

(観客爆笑)

じゃあ、他に監督に質問があれば…。あ、どうぞ!

観客C
先ほどお話されていた通り、富野監督は映画の方からこういう世界に来られたと思うんですけど、今こうやって舞台を見たりして、実際に実写の映画であるとか舞台の演出をされたいというお気持ちはあるのでしょうか?

富野
あの、もちろん欲がありますから、本当にやりたいと思いました。ただ、60(歳)を過ぎたときに、あまりやりたいとは思えなくなったという意味では、歳をとったんだという自覚もあります。と同時にもう一つお知らせしたいことがあります。聞きかじり、見かじりなのですが、オペラはオペラなりに、ミュージカルはミュージカルなりに、それこそさっき言ったストリップもそうなんですけど、やっぱりそれぞれの(聞き取れず)の持っているスタイルなり様式なり、目指しているものはここにあるというものがわかってきますと、個々のハードルの高さというものを、悔しいけれども嗅ぎ分けられるようになったために、好き(なだけ)ではできないということがわかってきました。ですから、今日もこの舞台を見させてもらって、本当にうらやましいなと思って。こんな小さな小屋のこんな小さな狭い舞台で何やってるの?って思いたいんです。思いたいんです。馬鹿にしたいんです。ですけど今日の舞台構成を見たときに、この手わざとか、役者さんの出入りも含めてですけども、これは明日には真似はできないっていうものを見せられます。で、少なくとも自分はそういう感性を、ロボットアニメの専門家ですけども、こういうものを嗅ぎ分けられるものをロボットアニメの仕事を通して教えられたというのがありますので、むしろ60(歳)過ぎてから、簡単にやれるとは思えなくなったということで、とても悔しく思っています。だからやりたい!

本広
じゃあ、実写版ガンダムは僕がやっておきますよ。

(観客爆笑そして大きな拍手。富野監督も笑う)

本広
やらせて~。やらせて~(笑)。

(観客爆笑)

富野
ガンダムの名を借りて、実写もやってみたいなと思ったりもするんだけど、こういう人がいるわけですよ(笑)。で、そういうものも認めてもいいかもしれないっていう自分がいるのがすごい嫌!(笑)

(観客爆笑)

本広
いやいやいや(笑)。でも、監督が作られてきたものとか、監督が切ってきた絵コンテを僕らは勉強して、今ここにいるっていうのは感動的ですよね。

富野
それは本当にそう思います。ですから、こういうふうに呼んでいただいたことも嬉しいし、僕自身がテレビ漫画が好きで「鉄腕アトム」の仕事から始めたんではないってことがあったおかげで、映画を作りたい、芝居を作りたい、演劇をやりたいっていうところまでを、「ファーストガンダム」の時点ではかなり意識して放り込む努力をしていた。ですから、40代に舞台の仕事があったらヒョロッとやっていたかもしれません。だけど今になって思うと、いや迂闊にやらなくて、恥かかないでよかったっていうのもあります。

本広
ああ、そこがさすがですよね。僕は恥も何にもないんで(笑)。

(観客爆笑)

富野
しょせん演劇なんていうのは、大道芸人の顔見せだし人見せなんだから、つまり自分の素っ裸を見せてなんぼの世界だと思っていますから、恥を持ってちゃだめです。

本広
そうですね。じゃあいい感じで、今のを締めにさせていただいて(笑)。

(観客爆笑)

監督、今日はありがとうございました。

富野
ありがとうございました。

(観客の大きな拍手の中、本広さんと富野監督が深くお辞儀をして退場)

■レコメンド
DVD
機動戦士Ζガンダム メモリアルボックス Part.Ⅰ (Blu-ray Disc)
機動戦士Ζガンダム メモリアルボックス Part.Ⅱ (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 1 あの死神を撃て! (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線 1 あの死神を撃て!
SDガンダムフォース コレクションボックス (初回限定生産)
無敵超人ザンボット3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】
無敵鋼人ダイターン3 メモリアルボックス ANNIVERSARY EDITION【初回限定生産】
機動戦士ガンダム00 1 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 2 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 3 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 4 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 5 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 6 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム00 1
機動戦士ガンダム00 2
機動戦士ガンダム00 3
機動戦士ガンダム00 4
機動戦士ガンダム00 5
機動戦士ガンダム00 6
機動戦士ガンダム00 7
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムF91 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム 劇場版メモリアルボックス
ミュージック
Prototype
儚くも永久のカナシ(初回生産限定盤)(DVD付)
儚くも永久のカナシ(期間生産限定盤)
儚くも永久のカナシ
nine*nine(DVD付)
機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線 オリジナルサウンドトラック 特装盤
機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線 オリジナルサウンドトラック
Mr.Lonely Heart
機動戦士ガンダム00 Voice Actor Single 吉野裕行 come across アレルヤ・ハプティズム (タイトル未定)
機動戦士ガンダム00 Voice Actor Single 神谷浩史 come across ティエリア・アーデ idea/elephant
機動戦士ガンダム00 Voice Actor Single 三木眞一郎 come across ロックオン・ストラトス 永遠(とわ)の螺旋/Answer
機動戦士ガンダム00 Voice Actor Single 宮野真守 come across 刹那・F・セイエイ Soup/箱空
CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー Road to 2307
CDドラマ・スペシャル 機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー MISSION-2306
機動戦士ガンダム00 ORIGINAL SOUND TRACK 1
機動戦士ガンダム00 ORIGINAL SOUND TRACK 2
ゲーム
ガンダム無双2 (PLAYSTATION 2)
ガンダム無双2 (PLAYSTATION 3)
ガンダム無双2 (Xbox 360)
PSP「プレイステーション・ポータブル」(PSP-3000特別仕様)「ガンダムvs.ガンダム」プレミアムパック
機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム
ガンダム無双Special PlayStation 2 the Best
ガンダム無双 PLAYSTATION 3 the Best
ガンダム無双インターナショナル Xbox 360 プラチナコレクション
ガンダム バトルクロニクル PSP the Best
SDガンダム Gジェネレーション・ポータブル PSP the Best
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ピアノ・ブラック(PSP-3000PB)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 パール・ホワイト(PSP-3000PW)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミスティック・シルバー(PSP-3000MS)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック ピアノ・ブラック(PSP-3000KPB)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック パール・ホワイト(PSP-3000KPW)
PSP「プレイステーション・ポータブル」 バリュー・パック ミスティック・シルバー(PSP-3000KMS)
機動戦士ガンダム00 ガンダムマイスターズ 特典 トランザムDVD付き

機動戦士ガンダム00 2009年カレンダー
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2009年カレンダー
機動戦士ガンダム 2009年カレンダー
Gackt 2009年カレンダー
機動戦士ガンダムΖΖ外伝 ジオンの幻陽 (1)
機動戦士ガンダムΖΖ外伝 ジオンの幻陽 (2)
機動戦士ガンダム00F (2)
機動戦士ガンダム オレら連邦連邦愚連隊 (3)
機動戦士ガンダム カードビルダー戦士
機動戦士ガンダムUC (6) 重力の井戸の底で
機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア
Newtype (ニュータイプ) 2008年 11月号 [雑誌]
アニメージュ 2008年 11月号 [雑誌]
アニメディア 2008年 11月号 [雑誌]
PASH (パッシュ) ! 2008年 11月号 [雑誌]
アニメーター 逢坂浩司 イラスト&ワークス
機動戦士ガンダム HCM Pro クロニクル 2004.4-2008.9 HCM Pro ガンダムシリーズカタログ
BB戦士三国伝 英雄激突編 (1)
ガンプラエクストリーム (1)
Pick-up Voice EXTRA (ピックアップ・ヴォイス・エクストラ) 「機動戦士ガンダム00」SPECIAL (スペシャル) 2008年11月号 [雑誌]
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 4years after
グレートメカニックDX 6
機動戦士ガンダムの常識 続・一年戦争編
機動戦士ガンダムSEED キラとアスランの激闘 (講談社プラチナコミックス)
機動戦士ガンダム00 (3) (マガジンZコミックス)
機動戦士ガンダム ガンダムvs.ガンダム 攻略ガイド
機動戦士ガンダム00 (2) ガンダム鹵獲作戦 (角川スニーカー文庫)
GUNDAM MODELS 機動戦士ガンダムUC編
ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY編
プラモ狂四郎 (1) (講談社漫画文庫)
プラモ狂四郎 (2) (講談社漫画文庫)
プラモ狂四郎 (3) (講談社漫画文庫)
プラモ狂四郎 (4) (講談社漫画文庫)
プラモ狂四郎 (5) (講談社漫画文庫)
プラモ狂四郎 (6) (講談社漫画文庫)
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア アンコール刊行 (講談社プラチナコミックス)
機動戦士ガンダム00 (2) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α (3)
機動戦士ガンダム C.D.A 若き彗星の肖像 (11)
永遠のガンダムシリーズ Vol.5 染みるブライト・ノア
ガンダムMS(モビルスーツ)列伝
機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル (11)
妹ガンダム (「機動戦士ガンダム」より) (2)
ガンオタの女 (2)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (17) ララァ編・前
愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV ジャブロー編
オーバーマン キングゲイナー (7) (MFコミックス)
僕たちの好きなガンダムSEED DESTINY 全キャラクター徹底解析編 [別冊宝島]
機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア
機動戦士ガンダム画報2
機動戦士ガンダム00P Vol.1
機動戦士ガンダム00 (2) (マガジンZコミックス)
機動戦士ガンダムUC (1) ユニコーンの日(上)
機動戦士ガンダムUC (2) ユニコーンの日(下)
機動戦士ガンダムUC (3) 赤い彗星
機動戦士ガンダムUC (4) パラオ攻略戦
機動戦士ガンダムUC (4) パラオ攻略戦 特装版(MGユニコーン武器セットつき)
機動戦士ガンダムUC (5) ラプラスの亡霊
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.1
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.2
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.3
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.4
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.4 専用バインダー付き
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.5
機動戦士ガンダム00 オフィシャルファイル vol.6
ガンプラ・パッケージアートコレクション
機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS Vol.1
オタク学入門
機動戦士ガンダム00 WORLD REPORT
機動戦士ガンダム00 (1) ソレスタルビーイング (角川スニーカー文庫)
機動戦士ガンダム戦場写真集 MS.ERA POPULARE
ガンダムフォトグラフィーエレメント
機動戦士ガンダム00 (1) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム00F (1) (角川コミックス・エース)
機動戦士ガンダム00 Meister's Mission
大人のガンダム 完全版
機動戦士ガンダムMS戦略分析
新機動戦記ガンダムW A.C. MSエンサイクロペディア (大型本)
ガンダム事典 (KCデラックス)
おもちゃ&ホビー
ガンダムクロニクルバトライン スターターキット
ガンダムクロニクルバトライン ブースターパック BOX
MG MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザク Ver.2.0
MG MSN-06S シナンジュVer.Ka
1/100 ダブルオーガンダムSP ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 オーライザー ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG アリオスガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG セラヴィーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG アヘッド ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro62-00 G-BOX オーライザー+ダブルオーガンダムコンプリートセット ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro63-00 G-BOX アリオスガンダムコンプリートセット+スペシャルアイテム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
BB戦士 翔烈帝 劉備
ROBOT魂 ダブルオーガンダム&オーライザーセット
ROBOT魂 オーライザー
ROBOT魂 セラヴィーガンダム
ROBOT魂 アヘッド
ちびボイス 機動戦士ガンダム00 2nd Season (BOX)
ガンダムウォー ドラマチックブースター 戦場の女神2 BOX
ガンダムウォー オフィシャルスリーブコレクション ソレスタルビーイングガールズVer.
ガンダムウォー オフィシャルスリーブコレクション ラクス・クラインVer.
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン ビジュアルアートワークス パック BOX
機動戦士ガンダム00 ACTION MODELS BOX (食玩)
SDX 騎士ガンダム(列伝版)
MG ガンダムMK-Ⅱ 白(EXF)
MG ガンダムMK-Ⅱ 黒(EXF)
HGUC 1/144 ギラ・ドーガ
1/100 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
BB戦士 No.317 周倉ドーベンウルフ
MG インフィニットジャスティスガンダム
HG 1/144 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 GN-X(ジンクス)Ⅲ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
BB戦士 No.316 ダブルオーガンダム
BB戦士 No.315 周瑜ヒャクシキ
ROBOT魂 ダブルオーガンダム
ROBOT魂 ケルディムガンダム
ROBOT魂 アリオスガンダム
ROBOT魂 グラハム専用ユニオンフラッグカスタムⅡ(GNフラッグ)
GUNDAM FIX FIGURETION×狂四郎マニアックス レッドウォーリア
機動戦士ガンダム S.O.G.F.2 (BOX)
ガンダムヒロインヒストリー3 ~戦士たちの休息編~ (BOX)
プロッププラスプチ 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン (BOX)
機動戦士ガンダム00 THE GUNDAMS 1BOX (食玩)
FW GUNDAM STANDart:3 1BOX (食玩)
SUNRISE CRUSADE The 5th ~神魔の覚醒~ スターターセット
SUNRISE CRUSADE The 5th ~神魔の覚醒~ ブースターパック BOX
HCM-Pro61-00 ケルディムガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
ガンダムコレクションDX8 (BOX)
カードダスマスターズ ガンダムクロニクル MEMORIAL EDITION BOX
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE #1004 RX-78 Ver.Ka
EXTENDED MS IN ACTION!! MS-14 ゲルググ(ヘルベルト・フォン・カスペン機)
EXTENDED MS IN ACTION!! RX-78-3 G-3ガンダム
HCM-Pro60-00 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
MG ストライクフリーダムガンダム エクストラフィニッシュVer.
HG GNアームズTYPE-D+ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG サーシェス専用AEUイナクトカスタム(モラリア型) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
GUNDAM FIX FIGURATION #0039 NT-1 アレックス
BB戦士 No.314 張遼ゲルググ
S.H.フィギュアーツ ドモン・カッシュ (機動武闘伝Gガンダム)
可変戦士 機動戦士Ζガンダム
HCM Pro GBOX 連邦軍MS小隊最前線セット
Air Shock Battle 1/12 ビームサーベル
EXTENDED MS IN ACTION!! 量産型ゲルググ
MS IN ACTION!! ヅダ(予備機)
MS IN ACTION!! ヅダ(2番機)
MS IN ACTION!! ガンダムナドレ
ガンダムコレクションDX7 (BOX)
MG 1/100 MS-06R-2 ザクⅡ(ジョニー・ライデン少佐機) Ver.2.0
1/100 ガンダムエクシア EXF(トランザムモード) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM Pro RX-8-2 ガンダム ジャブロー防衛線
HGUC 1/144 ケンプファー
HGUC 1/144 リックドムⅡ(コロニーカラー)
1/100 ガンダムアヴァランチエクシア ~ガンダム00V(ダブルオーブイ)~
HG 1/144 GN-X(ジンクス) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 イナクト(デモカラー) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
BB戦士 No.313 ガンダムエクシア
ガンダムヒロインヒストリーSP ~ドレス編~ (BOX)
ガンダムヒロインヒストリー2 ~機動戦士ガンダム00編~ (BOX)
ガンダムウォー 21弾 放たれた刃 スターター
ガンダムウォー 21弾 放たれた刃 ブースターパック BOX
ガンダムウォー ブースタードラフトエントリーパック
ガンダムウォー ブースタードラフト エントリーパック 2
ガンダムウォー ダブルオー・ダブルサプライパック
フュージョン戦記 ガンダムバトレイブ 3 ブースターパック BOX
SDガンダムワールド コンプリートボックス Vol.4
SDガンダム外伝 コンプリートボックス Vol.4
1/60 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 ガンダムアストレア TYPE-F ~ガンダム00F(ダブルオーエフ)~
1/100 ティエレン地上型 ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 オーバーフラッグ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 ガンダムアストレア ~ガンダム00P(ダブルオーピー)~
1/100 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 ガンダムキュリオス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/100 ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 サーシェス専用AEUイナクトカスタム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ティエレン宇宙指揮官型 ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 ガンダムナドレ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 スローネドライ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 GNアームズ+ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 スローネツヴァイ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144 オーバーフラッグ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
ちびボイス 機動戦士ガンダム00 (BOX)
機動戦士ガンダム00 マスコットロボ ハロ
ガンダムコレクション 1/400 プトレマイオス 【初回版】 ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144ガンダムスローネアイン ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG 1/144ティエレン宇宙型
1/144 HG ティエレンタオツー (ソーマ・ピーリス専用機) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HG グラハム専用ユニオンフラッグカスタム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/144 HG ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/144 HG ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/144 HG ガンダムキュリオス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/144 HG ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/144 HG ユニオンフラッグ(量産型) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/144 HG ティエレン(地上型) ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
00リージョン#2301 ガンダムエクシア
HCM-Pro SP-005 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro53-00 ティエレン宇宙型セット ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro51-00 ティエレン地上型セット ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro44 ガンダムエクシア ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro45 ガンダムデュナメス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro48 ガンダムキュリオス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro49 ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
MG 1/100 RX-78-2 ガンダム Ver.2.0
MG 1/100 MS-06K ザクキャノン
1/100 MG 真武者玩駄無
MG 1/100 フォースインパルスガンダム
MG 1/100 ランチャー/ソードストライクガンダム
MG 1/100 量産型ゲルググ Ver.2.0
MG 1/100 MS-06F ザクⅡ ver.2.0
MG 1/100 ザクマインレイヤー
MG 1/100 ストライクE+IWSP ルカス・オドネル専用機
MG MS-06R 高機動型ザク 黒い三連星仕様 Ver.2.0
MG ユニコーンガンダム Ver.Ka
1/100 MG デスティニーガンダム エクストリームブラストモード
1/100 MG ストライクフリーダムガンダム フルバーストモード
MG 1/100 MS-14S シャア専用ゲルググ ver.2.0
MG 1/100 ターンエーガンダム
HGUC 1/144 サザビー
HGUC 1/144 ザクⅡ改
ZEONOGRAPHY #3015 ジオング
ジャンボグレード 1/35 Ζガンダム
GUNDAM FIX FIGURATION ガンダムMk-Ⅲ
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE #1003 サイコ・ガンダムMk-Ⅱ
エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO ランバ・ラル
エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO ドズル・ザビ
魂SPEC XS-10 エルガイムMk-Ⅰ
SUPER HCM Pro MS-06J 量産型ザク(陸戦用)
HCM-Pro 57-00 ガンダムサンドロック
HCM-Pro 58-00 トールギス
HCM-Pro 59-00 シェンロンガンダム
U.C.ハードグラフNo.5 1/35ジオン公国軍 サイクロプス隊セット
機動戦士ガンダム00 マイスターワークス 1st Phase BOX
機動戦士ガンダム00 マイスターワークス 2nd Phase
機動戦士ガンダム00 MS&キャラクターセレクション MISSION:001 BOX
機動戦士ガンダム00 MS&キャラクターセレクション MISSION:002 BOX
スポンサーサイト
別窓 | 富野由悠季 | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。