富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」声優対談 キャスバル・レム・ダイクン役、田中真弓×アルテイシア・ソム・ダイクン役、潘めぐみ「『ガンダム』は要求される芝居もリアル?」
2015-02-10 Tue 23:50
■「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」声優対談 キャスバル・レム・ダイクン役、田中真弓×アルテイシア・ソム・ダイクン役、潘めぐみ「『ガンダム』は要求される芝居もリアル?」

ニュータイプ2015年3月号
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」声優対談 要約版
キャスバル・レム・ダイクン役、田中真弓×アルテイシア・ソム・ダイクン役、潘めぐみ

――キャスバルとアルテイシアを演じるにあたって、具体的に気をつけたポイントは?

田中:やっぱり私、ギャグアニメをやることが多くて、女優としてもコメディエンヌなんですけど、割とコントっぽい、おかしなことをおかしなふうに言う、おかしな顔をするのが好きなんです。でも、ちゃんとしたお話のある喜劇の場合、普通にやっているときに人間の面白さが出てくる。「ガンダム」はギャグじゃないけど、そういう部分ですね。本当だったら声を入れたくなるところ……ちょっと何かに気付いたときの「あっ」とか「うっ」とか、そういうときに言わざるを得ないのがアニメアニメーションですが、ここではそういうのを全部削いでいく。だから今回、私は全然喋っていないです(笑)。

潘:確かにそこにキャスバルはいるんですよね。でもアクションという面では一切声を発していない。

田中:せっかく安彦(良和)先生が素晴らしい絵で描かれているものに上塗りはしない。今回、苦労したのは、そういう部分かな。藤野さん(音響監督の藤野貞義)に「それは田中真弓でしょ」って言われる所以だけど、私は上塗りしていく、濃い芝居が大好きだから(笑)。

潘:私もたまにご指摘いただくところで、ちゃんと絵がお芝居していると、あえて、声を足さなくてもいいんですよね。今回、絵がすごくリアルだから、逆に実生活でも吸ったり吐いたりする息とかは入れてもいいのかなと思ったりもしました。説明ではなく、本当に自分がこういう体勢をしていたら、こんな声が出るよねっていうものを。

田中:もちろん、絵の枚数が少ないアニメだと、俳優の芝居で繋いでいくべきだし、そういう芝居が必要なキャラクターもいるんだけどね。今回のキャスバルにはいらないっていうだけで。

潘:アルテイシアの場合、一挙一動に反応したり、声を漏らしてしまう状況が多かったので、あえて入れるようにした部分もありました。それでも必要最低限にはしてましたけどね。これまでは台本に「!」が書いてあったら、そこにも声を入れたほうがいいのかなって思っていたんですが……。

田中:ギャグアニメは入れないと絶対ダメよ。「プリキュア」とかもね!

潘:あっ、入れてました! キャラクターによっては、無言で攻撃できないですし(笑)。

田中:そうそう。さっき言ったコントと喜劇の違いと同じで、そこは使い分けないとね。でも本当に怖いわ~。「ガンダム」シリーズのファン、どう思うんだろうね。それと私も含めてそうなんですけど、「ガンダム」はこれだけ大きな凄い作品だけど、まだ知らない人もいっぱいいると思うので、一緒にここから始めましょ。

潘:子供番組だと、子供が親御さんに「これはこうで、あれは~」って設定を説明してくれるじゃないですか。でも、逆に今度はお父さんやお母さんがその役を担って、お子さんと一緒に楽しんでいただけたら嬉しいですね。もちろんそういった関係に限らず、いろんな楽しみ方をいろんな方々と共有していただけたらなと思っています。

※対談を約1/2に要約しました。元記事をお読みになりたい方は、月刊ニュータイプ2015年3月号をお求めください。

▼月刊ニュータイプ2015年3月号 2月10日発売!
月刊ニュータイプ 2015年3月号 [雑誌]

■パワープッシュ
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ (DVD)
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。