富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「ガンダム Gのレコンギスタ」富野由悠季総監督インタビュー収録! ロッキング・オン「CUT」2014年9月号は8月19日発売!
2014-08-15 Fri 23:59
■「ガンダム Gのレコンギスタ」富野由悠季総監督インタビュー収録! ロッキング・オン「CUT」2014年9月号は8月19日発売!
Cut 2014年 09月号 [雑誌]
【内容】
□ガールズトークだからこそ女たちの本音が花咲くように、女子禁制のボーイズトークだからこそ語り合えることがある――CUT2014年9月号の特集は、映画「BOYS TALK 2014」と銘打って、スペシャルな対談特集を企画しました。表紙巻頭は映画「るろうに剣心」シリーズの主演俳優と主題歌担当としてコラボ、実生活でも仲のいい友人同士である佐藤健とTaka(ONE OK ROCK)。綾野剛が大ファンであるという吉井和哉とじっくり話した「あこがれ対談」。ふたりずつは交流があるが公で3人集まるのは初めて、クリープハイプ尾崎世界観×池松壮亮×銀杏BOYZ峯田和伸の鼎談。TEAM NACSからは戸次重幸と音尾琢真が参加してくれました。さらに、「グッド・ウィル・ハンティング」公開直後の、マット・デイモンとベン・アフレックの対談も──いつものインタビューとは違う、男たちの「ここだけ」の素の表情をご堪能ください。
□特集 BOYS TALK 2014 男だから話せること
仕事のこと、少年時代のこと、女の子のこと……男同士だから、そして特別な相手だからこそ話せることがある。そんな対談をこっそり聞かせてもらいました! 豪華6本立て、全44ページでぎっしりお届けします!
▽佐藤健×Taka(ONE OK ROCK)
公私ともに通じ合い、同じ感覚を持っているというふたりのスペシャルトークが実現! 出会いと日々の交友、そして表現者として深いレベルで関わり、共鳴し合う「るろうに剣心」シリーズについて語り尽くす。
▽福士蒼汰×神木隆之介
違うタイプながらも、絶妙の距離感で男同士ならではの友情を育むふたり。「神さまの言うとおり」の現場のムードと共にボーイズトークをお届け。
▽綾野剛×吉井和哉
綾野剛が「音楽を聴きだしたきっかけ」である吉井和哉にいろいろ問う、吉井もいろいろ問い返す。音楽、映画からエロまで、ディープなトークをどうぞ。
▽尾崎世界観(クリープハイプ)×池松壮亮×峯田和伸(銀杏BOYZ)
それぞれ交流はあれど、この3人が揃って語り合うのはこれが初めて! 掲載ギリギリのボーイズトークが炸裂!
▽TEAM NACS(戸次重幸×音尾琢真)
「NACSの末っ子を争うふたり」(音尾談)が語る、TEAM NACSの永遠の少年性と「いつまでも楽しいままに続いていく理由」。
▽マット・デイモン×ベン・アフレック
本誌98年6月号掲載のインタビューより。いまやハリウッドの主要人物であるふたりが幼なじみの頃からの夢を叶えた瞬間を語り合った傑作ボーイズトーク。
□特集 4 RISING ACTORS――映画界を変える美しき才能たち
ベン・ウィショー/デイン・デハーン/ダグラス・ブース/ピエール・ニネ
今、最も私たちの目をスクリーンに釘づけにする、洋画界の美しき俊英4人をピックアップ! インタビューやコラムで、彼らの個性と素顔を探る。
□SEKAI NO OWARI
ついに公開となった映画「TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI」。インタビューとスペシャルフォトで、神秘に満ちたバンドの本当の顔に迫る。
□猿の惑星:新世紀(ライジング)
アンディ・サーキス/マット・リーヴス(監督)
前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」から10年後の世界を描いた「猿の惑星」シリーズ最新作。最新のモーション・キャプチャー技術が駆使された、猿の指導者シーザーを演じたアンディ・サーキスと監督マット・リーヴスがその革新性を語る。
□ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
クリス・プラット/ジェームズ・ガン(監督)
樹木型ヒューマノイドからアライグマまで、異色のヒーローたちによる異色のSF映画がマーベルより誕生! 主演クリス・プラットと監督ジェームズ・ガンに訊く。
□プロミスト・ランド
マット・デイモン/ガス・ヴァン・サント(監督)
マット・デイモンが当初、初監督作品として温め続け、ガス・ヴァン・サントがメガホンを取ることになった「プロミスト・ランド」。「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」で出会ったふたりに訊いた、不変のメッセージと互いへの信頼。
□ガンダム Gのレコンギスタ
富野由悠季(総監督)
「次の世代に向けての種をまく、モチベーションを与えることはできたんじゃないかと思います」。――「機動戦士ガンダム」シリーズの生みの親である富野由悠季が、35年の節目に最新作を制作した決意とは。
□三池崇史×市川海老蔵
三池崇史監督が語る、役者・市川海老蔵の異質さと魅力。「一命」以来二度目のタッグを組むふたりの「喰女-クイメ-」における挑戦。
□柴咲コウ
「裏切られた女」を演じる柴咲コウが語る、「喰女-クイメ-」をホラーよりも怖い映画にした“女の念”とは。
□TOKYO TRIBE
園子温/鈴木亮平
いよいよ公開となる、「伝説のマンガの映画化」にして「前代未聞のヒップホップ・ミュージカル」の誕生に迫る。
□攻殻機動隊 ARISE border:4 Ghost Stands Alone
茅野愛衣
最新エピソードのカギを握る全身義体の少女・エマを演じる茅野愛衣。難役に挑戦した経験が彼女に残したものとは。
□さよなら、また今度ね
今もっとも新しくて自由なロック・バンド。一気にキャッチーになった新作ミニアルバム「夕方ヘアースタイル」を語る。
□その他の記事/テキスト
HEADLINE:コミック版「新世紀エヴァンゲリオン」/「HOSTAGES ホステージ」/「エンドレスアフェア~終わりなき情事~」戸次重幸/「ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち」廣木隆一/「CHALEUR -Film Documentaire de “25”-」花澤香菜/「紙兎ロペ」/ KNOCK OUT MONKEY/FILM REVIEW/RANDOM CUTS
□連載
HOT TOYS' HOT STUFF/三池崇史のゲバチュー PART2(現場の中心で、愛を叫ぶ PART2)/大友啓史のA ROLLING STONE GATHERS NO MOSS!! 転がる石に苔は生えねぇ!/映画コラム「小さなスクリーンの中で生きていたい」山田ルキ子/「今月の裏表紙」正名僕蔵

やはりきました! 「CUT」の富野由悠季インタビュー。過去、新作が発表されるたびに、ニュータイプやガンダムエースといったアニメ&ガンダム専門誌には載らない爆弾発言を引き出してきた実績を持つ雑誌だけに、「G-レコ」でも絶対インタビューするはず、とチェックしていましたが、予想的中! 質・量ともに、これまでで最高のインタビューが読めるかも。楽しみです!(*´Д`)

■特集「『ガンダム Gのレコンギスタ』のすべて -富野由悠季の神髄に迫る-」収録! 双葉社「EX大衆」2014年9月号 発売中!
EX大衆 2014年 09月号 [雑誌]
【内容】
□「ガンダム Gのレコンギスタ」のすべて -富野由悠季の神髄に迫る
▽「ガンダム Gのレコンギスタ」のすべて
▽「G-レコ」こと「Gのレコンギスタ」の見どころ!
▽ガンダム35周年! ガンダムファンは大注目!
▽富野由悠季監督の世界
▽ガンダムデザイン35年の変遷史
▽富野由悠季監督を知るための著作
▽総論-「アニメ新世紀宣言」は復活するか?

カラー4ページの特集ですが、富野監督等スタッフのインタビュー&コメントも初公開の情報もないので、富野&ガンダムファンには物足りない内容。ただし、一般人&ライトユーザー向けの“「G-レコ」入門”的な記事としては、なかなか良いです。こういう記事で幅広い層にアピールしたいですね(*´Д`)。

■「GUNDAM EXA VS (1)」等 8月26日発売の角川書店ガンダムコミックス表紙公開!
GUNDAM EXA VS (1)
「ガンダムEXA」新シリーズ開幕!
【著者】
漫画:ときた洸一
シナリオ:千葉智宏
原作:矢立肇・富野由悠季
【内容】
大ヒットアーケードゲーム「エクストリームバーサス マキシブースト」との極限コラボは加速する! レオス・アロイとセシア・アウェアの新たな物語が幕を開ける!
機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク (1)
ガンダム外伝シリーズ最新作!
【著者】
漫画:おおのじゅんじ
原案:サンライズ
【内容】
激化する一年戦争の中、不正を働く連邦を粛正する影の部隊が存在した! バンダイナムコゲームスの大人気ゲーム「機動戦士ガンダム外伝ミッシングリンク」公式コミカライズ!

■「ガンダム Gのレコンギスタ」公式サイト
http://www.g-reco.net/
□ガンダムインフォにて、「ガンダム Gのレコンギスタ」富野由悠季総監督インタビューを掲載!
□「ガンダム Gのレコンギスタ」ホームページを更新!
▽「Special」ページにて第3弾プロモーション映像を公開! そのほか8月23日(土)から開催となる、イベント上映の劇場舞台挨拶の追加情報と、劇場グッズの追加情報も公開!
<Information>
イベント上映の各劇場の舞台挨拶開催時間(上映回)の情報を追加しました。
<Product>
劇場販売グッズの書籍の情報を追加しました。
<Special>
「ガンダム Gのレコンギスタ」第3弾プロモーション映像を公開!
☆舞台挨拶開催決定!
舞台挨拶チケットは、「チケットぴあ」での取り扱いとなります。
<プレリザーブ>
▽受付期間:8月16日(土)11:00~8月18日(月)11:00
▽抽選・当落発表:8月18日(月)夕方
<一般発売>
8月19日(火)10:00~
http://pia.jp/t/gundam-gr/
※PC/MB共通

受付時間が短いので、忘れずにエントリーしましょう。う~ん…富野総監督が登壇しないのは残念ですが、ベルリ、アイーダ、ルインの中の人が勢揃いする、8月24日(日)の2回を狙ってみようかな。それにしても、転売目的に買い占められないようにプレリザーブにしたのはグッドジョブですね。小形尚弘プロデューサーの判断かな。「機動戦士ガンダムUC」の大成功でわかったけど、小形さんは本当にクレバー。「G-レコ」もぜひ大成功に導いていただきたい。サプライズで富野総監督を新宿に連れてきてくれないかなあ…[壁]д・)チラッ。
スポンサーサイト
別窓 | 富野由悠季 | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。