富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」ストーリー・福井晴敏「原作小説がTVシリーズなら、劇場版はアニメ」
2014-05-07 Wed 23:58
■機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」ストーリー・福井晴敏「原作小説がTVシリーズなら、劇場版はアニメ」

ENTAME 2014年6月号
機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」
ストーリー・福井晴敏インタビュー 要約版

――最終章を無事に迎えられて、作り手としてはどんな感想を?

福井:そもそもこの企画は、すでにあるガンダム市場っていうのをまったく当て込まずに、子供の頃にガンプラを買ってて、その後アニメを観ることをやめてしまった人たちをどれだけ取り戻せるか、っていうところを勝負にしてきたんです。だから、1巻につきDVD&Blu-ray売り上げが25万本という数字が出てきて、マキシマム5万本といわれる既存の市場とは別のところに、そういうものを求める人たちがちゃんと存在するってことが証明されたっていうのは、自分のなかでもすごく大きな収穫でしたね。

――従来のアニメとは違う、新たなマーケットが開拓できたと。

福井:ガンダムを中心とするリアルロボットアニメが大流行した80年代前半というのは、「ロボットが出ていれば何をやってもいい」という合意のもとに、アニメーションが実写に代わる媒体になれるかどうかの勝負を作り手が本気でやっていた時代でもあると思うんです。だけど、そういう試みはあの時点で途絶してしまって、それ以後のアニメは「オタクのためのもの」という風潮でずっと来てしまった。いうなれば、市場を支える「メカと美少女が出ていればOK」という全体の1~5%ぐらいの人たちの嗜好が、現在主流となっているアニメの雛型を形作ってきたんです。

でも残りの95%をきちんと取り込まなければ本来的なビジネスはできないはずで、たとえガンダムといえども、確実にお金を払ってくれる5%を意識したパッケージではそこまでの訴求力は到底持ち得ない。裏を返せば、これまで置き去りにされてきた大多数の人々を惹きつけるという意味でも、UCの時代設定は是が非でも、シャアやアムロの息吹がまだ残っている“宇宙世紀”である必要があったんです。

――明確に“ガンプラ世代”というターゲットがあったからこそのフル・フロンタルなんですね。

福井:そうですね。僕自身を含めてガンプラを買う列に並んだ経験のある世代にとっては、ちょうど10代の終わり頃だった「逆襲のシャア」までがワンパッケージ。実際、一連のガンダムシリーズも、それ以降は成績がガクンと落ちるんです。だからなおさら、それ自体の存在意義は後付けだとしても、仮面をつけた敵役というのは、二本角に目がついたロボットと同じくらい、作品のアイコンとして不可欠だっていう思いは企画段階からありました。

――となると、粋なオッサンたちがたくさん活躍するのも、当然そういう意図のもとに?

福井:そういうことです。バナージという若者に、自分ができなかったこと、やれなかったこと、考えていたことを全部託して、ガンダムに乗せて送り出す――。我々も年齢的にはもうとっくに、主人公になる側ではなく、見送る側へと足を突っ込んでいますからね。

――では、最期にこれから本編を観る読者に見どころをお願いします!

福井:これを聞かれるといつも困るんですけど、アニメはもともと長大な小説を極限まで圧縮してあるので、見どころじゃないところがないんです。最初のガンダムでいうところの小説がTVシリーズなら、劇場版はアニメ。そういう関係性だと思ってもらえればと思います。

それと今回は、本編の前に流すダイジェストで、宇宙世紀の世界観にズッポリ誘導する算段はできているので、わりと真っ新な気持ちでも楽しめるはず。しかも、ただでさえ濃密な1時間が、今回はダイジェストと合わせて約2時間。普通の映画1本分とは比較にならないぐらいの体力を吸い取りますので、それなりに覚悟して来てください(笑)。

※あくまで要約です。元記事をお読みになりたい方は、「ENTAME」2014年6月号をお求めください。

▼「機動戦士ガンダムUC」ストーリー・福井晴敏インタビュー収録! 「ENTAME」2014年6月号発売中!
ENTAME (エンタメ) 2014年 06月号 [雑誌]

■コミックスオリジナル武装『サイコフレーム発動仕様 MG1/100「アームド・アーマーDE」』付き! 角川書店「機動戦士ガンダムUC バンデシネ (12) 特装版」12月10日発売! 予約開始!
機動戦士ガンダムUC バンデシネ (12) 特装版
【著者】
ストーリー:福井晴敏
コミカライズ:大森倖三
オリジナルキャラクターデザイン:安彦良和
メカニックデザイン:カトキハジメ
【内容】
カトキハジメによるコミックオリジナル武装「アームド・アーマーDE」がサイコフレーム発動仕様のMG1/100で完全受注限定生産にて登場! シールド部分がユニコーンモードからデストロイモードに変形!
※同商品は「MG フルアーマー・ユニコーンガンダム Ver.Ka」に装備できます。
※特装版に「MG フルアーマー・ユニコーンガンダム Ver.Ka」本体はつきません。
<商品内容>
①コミックス「機動戦士ガンダムUC バンデシネ (12)」
②コミックスオリジナル武装『サイコフレーム発動仕様 MG1/100「アームド・アーマーDE」』
<「アームド・アーマーDE」とは>
漫画「機動戦士ガンダムUC バンデシネ」に登場。スラスターとビーム・キャノンを一体化したシールド用の増加ユニット。過去に開発されたシールド・ブースターとは違い、スラスター自体に推力偏向機能を持つ。 ビーム・キャノンはビーム・マグナムの補助火器としての側面も有する。OVA版では漫画から逆輸入された形で、バンシィ・ノルンの武装として登場する。

■特別付録「HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム専用ハイパー・ビーム・ジャベリン」付き! 月刊ガンダムエース2014年7月号増刊「ガンダムUCエース Vol.6」5月17日発売! 予約受付中!
ガンダムUCエース Vol.6 2014年 07月号 [雑誌]
【内容】
▽5月17日(土)よりスタートする『機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」』の映像展開にあわせて、月刊ガンダムエース7月号増刊「ガンダムUCエース Vol.6」が同日に発売されることが発表された。価格は840円(税込・予価)。
▽「ガンダムUCエース」は、これまで「MG シナンジュ専用バズーカ」や「ASSAULT KINGDOM バンシィ・ノルン」など様々な特別付録とともに発売され、今回は「HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム専用ハイパー・ビーム・ジャベリン」が付属する。「ハイパー・ビーム・ジャベリン」は、「MG フルアーマーユニコーンガンダム Ver.Ka」ならではの新武装として付属したが、HGUCでも再現できるようになるの嬉しい発表だ。
▽4月店頭発売予定の「HGUC フルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)」(税込み3,456円)に対応!
▽展開バージョンと収納バージョンの両方が付属し、ビーム刃の差し替えにより2つの形態を再現することができる!

■パワープッシュ
機動戦士ガンダムUC 7 (初回限定版) (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 7 (通常版) (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 7 (DVD)
機動戦士ガンダムUC 6(初回限定版)(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 5(ガンダム35thアニバーサリー アンコール版)(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 4(ガンダム35thアニバーサリー アンコール版)(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 3(ガンダム35thアニバーサリー アンコール版)(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 2(ガンダム35thアニバーサリー アンコール版)(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 1(ガンダム35thアニバーサリー アンコール版)(Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC サウンドトラック4
StarRingChild EP(初回生産限定盤)
StarRingChild EP(期間生産限定盤/アニメ盤)
StarRingChild EP(通常盤)
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。