富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「機動戦士ガンダム」脚本/設定・松崎健一が語る、富野由悠季監督との設定作り秘話
2014-03-16 Sun 23:59
■「機動戦士ガンダム」脚本/設定・松崎健一が語る、富野由悠季監督との設定作り秘話

グレートメカニックDX 28
特集 機動戦士ガンダム 第1話「ガンダム大地に立つ!!」を振り返る
脚本/設定・松崎健一インタビュー 要約版

――実際の制作に入られて、設定面での参謀をやるということで、その時は脚本を含めてだったんですか?

松崎:いや、脚本がメインで、それに設定です。

――どういう作業から始めたのでしょうか?

松崎:脚本の打ち合わせは基本、監督と脚本家でやるんですが、設定関係になると富野(由悠季)さんとほとんどマンツーマンで「こういう状況にしたいんだけれども、そうするのにおかしくない状況を作るために設定をどうするか」という相談になるわけです。

富野さんの構想としてスペースコロニーがあって、宇宙空間を大型ロボットが駆け巡り、戦闘を行なうというのがあるわけです。でも、それだけやっていると舞台が宇宙になっただけで今までのロボットものとあまり変わらない。ならば「どうしたら人型の大きなものが戦ってもおかしくない世界になるか」というところから設定作りが始まるわけです。

――スペースコロニー自体は富野さんがアイデアとして持って来ていたものなんですね。

松崎:富野さんは当時としては珍しくSFや科学などに造詣のあった監督さんなんです。あの頃にまっとうにその手のことを知っていたのは富野さんと石黒(昇)さんくらいでしたね。

――富野さんが第1話に至るまでに話していたことは覚えていますか?

松崎:いや、富野さんが脚本家陣に提示するライナーノートは実はすごく短いんです。1話あたりノートにして2、3行(笑)。

――すごいですね。それと話し合いなんですか?

松崎:そうです。大体、当時あった喫茶店で。星山(博之)さんと荒木(芳久)さんと山本(優)さんと僕の4人がいた。その4人で富野さんと打ち合わせをして、最初に話数を割り振るんです。

でも、もらったライナーノートには「この話には何がある」くらいしか書いていない(笑)。もうちょっと肉付けの説明を受けて、それに質疑応答して作業に入るという形でした。

――最初からですか? あれだけ設定がありそうで、かつ今までにない作品だと脚本家の方々と共通認識が必要なのかなと思ってしまいますが……。

松崎:基本は言われているんだけれども、そんなに一人一人詳しいことを言われた覚えはないですね。もっとも設定の時には2人だけでやっていたので違いましたけど。

他の脚本家さんの場合は、書いてきたものが決定稿になるまでに、大体1対1の打ち合わせになるんです。その時にいろいろ設定を聞かされていた可能性がありますね。

僕の場合、自分で設定をやっていますから、そのへんの説明を受ける必要がないわけです(笑)。

――その設定は、みんな統一するために書面に残されたりはしていなかったんですか?

松崎:口頭ですよ。先に言ったように富野さんがライナーノートと説明だけで各人が書いてくるんだけれど、富野さん自身が「何であれだけの説明で、君達は繋がった話が書けるの?」と言ってましたから(笑)。

――今テレビシリーズを見ると、最初の1クールくらいはアムロというキャラクターが新しかったので、「どうしたものか」といった試行錯誤の部分が垣間見えますよね。

松崎:ああいう熱血系じゃないキャラクターが出る作品はほとんどなかったからね。それでも、キャラクターについてもそんなに詳しいことは聞いていないです。設定に関しても「説明書き+口頭+富野さんのメモ」で作ったものを元にして作っているような形ですから、ものすごい設定ファイルみたいなものはないんですよ(笑)。

※5ページに及ぶロングインタビューから、松崎さんが富野監督との設定作りを振り返った部分のみを要約しました。これはインタビュー全体の1/7程度に過ぎません。他にも面白いエピソードが満載のこのインタビュー。全文をお読みになりたい方は、「グレートメカニックDX 28」をお求めください。

▼特集『今、ふたたび見る!「ガンダム 大地に立つ!!」』収録! 双葉社「グレートメカニックDX 28」発売中!
グレートメカニックDX 28

■パワープッシュ
劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション
劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス
機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス
スポンサーサイト
別窓 | 富野由悠季 | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。