富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
TV版「機動戦士Ζガンダム」サラ・ザビアロフ役・水谷優子が語る、当時のアフレコスタジオの空気感「サラってすごく難しい役で、富野由悠季監督にもたくさん怒られて…」
2014-02-24 Mon 23:58
■TV版「機動戦士Ζガンダム」サラ・ザビアロフ役・水谷優子が語る、当時のアフレコスタジオの空気感「サラってすごく難しい役で、富野由悠季監督にもたくさん怒られて…」

月刊ガンダムエース2014年4月号
三倍速く!! シャアが行く! ~池田秀一のガンダム人間探訪記~
ゲスト:声優・水谷優子 要約版

「機動戦士Ζガンダム」のスタジオの空気感

水谷:そんな状態で参加させていただいた「機動戦士Ζガンダム」(以下「Ζガンダム」)で、その後サラ・ザビアロフ(以下サラ)という役をいただいてすごく嬉しかったし、それが業界のお仕事をさせていただいて、名前がある役を演じた第一歩のスタートだったので、「Ζガンダム」は作品としても本当に感謝しているんです。でも、サラってすごく難しい役で、富野(由悠季)さんにもたくさん怒られて、できなかったことがことってたくさんあったんです。役者としてもそうですが、人間としても本当にまだまだでしたから。サラはカツに対して一枚上手だったり、ニュータイプだったり。そして、一途にパプテマス・シロッコに仕える部下であったりとか、いろいろな面を持っている子だったのですが、役作りをして演じるっていうことが難しくてできなかった自分がいたんです。サラという役は役者として、生まれたての赤ん坊みたいに、必死になってもがいてやっていました。だから、その後何年か経ってゲームなどでサラの役をまたやらせてもらったときに、必死に演じていたときのサラを再現してくださいって言われるのは、ほかのどの役をやってくれと言われるよりも難しかったですね。自分も下手なりに、ほかの作品も一生懸命やらせていただいて、あの頃の自分よりは成長をしていたかもしれないけど難しい。

池田:なるほど、そうだよね。初めて本格的に演じた役だし、思い入れっていうのはすごくあるのは確かだろうね。

水谷:そうですね。中でも人間として未熟なところは、自分との少ない共通点だったので、拠り所にして演じていました。

池田:サラって、パイロットなのにスパイ活動や破壊工作もしていた子だよね。二面性があるようなキャラクターだし、あれは難しかったと思う。

水谷:私はよく富野監督から怒られていて。その後に音響監督の藤野(貞義)さんが優しく「これはこうでね」って教えてくださるんですが、頭の中がぐちゃぐちゃになってしまっているので、次の本番で私はどうしたらいいのか分からなくて、怖いとか悲しいとかじゃなく、動揺し過ぎて涙が出てくるという…。そんな現場でした。私はデビュー作で富野さんにお会いして、たくさんダメ出しをいただいたので、「この業界では生きていけない」と思いましたね。きっと私には向いていないのだと何度打ちのめされたか…(笑)。

池田:でも最初にああいう人に会っておけば、あとはみんないい人に見えるでしょ(笑)。富野さんもあの頃は激しい時代だったしね。

水谷:当時の現場は、池田さんをはじめとする先輩方とご一緒できるだけでも驚きだったのに、ほとんど誰もトチらない現場でしたよね。新人がほかにもいっぱいっていうことでしたが、私がいったときにはもう皆さん出来上がっている感じでした。だから皆さんとても大人に見えましたね。ああいうシリアスな作品だからか、そんなにスタジオの中がいろいろな会話で朗らかになっているっていう雰囲気でもなかったですし。

池田:そうだね。僕も鈴置(洋孝)もあまりに知らない人ばかりだったから、会話も弾まなかった。何より、アフレコが朝からだったしね。朝からだと、僕も鈴置も二日酔いだからさ(笑)。(後略)

※あくまで要約です。元記事をお読みになりたい方は、月刊ガンダムエース2014年4月号をお求めください。

▼W特別付録『「機動戦士ガンダム0083 REBELLION」0巻』『「機動戦士Ζガンダム Define」MS設定画集』付き! 月刊ガンダムエース2014年4月号は2月26日発売!
GUNDAM A (ガンダムエース) 2014年 04月号 [雑誌]

■「劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス」(プレミアムエディション/通常版)5月28日発売!
劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス プレミアムエディション
劇場版 機動戦士ガンダム Blu-ray トリロジーボックス
<プレミアムエディション>
※初回限定生産
【収録内容】
Disc1:「機動戦士ガンダム」
Disc2:「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」
Disc3:「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」
Disc4:「機動戦士ガンダム/特別版」
Disc5:「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編/特別版」
Disc6:「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編/特別版」
Dics7:特典Blu-ray[ムービーアーカイブ]
Disc8:特典Blu-ray[データアーカイブ]
【封入特典】
○劇場三部作5.1ch特別版Blu-ray×3枚
2000年にオリジナルキャスト(一部除く)で完全新規アフレコによる5.1chで制作された特別版を本編Discとは別Discで収録
○特典Blu-ray[ムービーアーカイブ]×1枚
・10周年記念映像「ALL THAT GUNDAM」
・30周年記念映像「Ring of Gundam」「GUNDAM PERFECT MISSION」
・特報・予告編
○特典Blu-ray[データアーカイブ]×1枚
絵コンテ/台本 他
○劇場資料復刻アーカイブ
・復刻パンフレット(3冊)
・復刻プレスシート(2枚)※ⅠとⅢのみ
・復刻チラシ(3枚)
○MEMORIAL ALBUM of MOBILE SUIT GUNDAM 1981-1982(200P予定)
劇場公開当時の雑誌記事や関連商品などレトロな資料とスタッフ&キャストインタビューなどを収録した豪華ブックレット
【音声特典】
○新規録音本編オーディオコメンタリー
【他、仕様】
○安彦良和、大河原邦男描き下ろしボックスイラスト
○インナージャケットは安彦良和・大河原邦男の劇場公開時ポスターイラスト
○特典Discジャケットはカトキハジメ描き下ろしイラスト
※特典Discジャケットイラストは、通常版ボックスイラストと同じものです。
<通常版>
【収録内容】
Disc1:「機動戦士ガンダム」
Disc2:「機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編」
Disc3:「機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編」
Disc4:特典Blu-ray[ムービーアーカイブ]
【封入特典】
○特典Blu-ray[ムービーアーカイブ]
・10周年記念映像「ALL THAT GUNDAM」
・30周年記念映像「Ring of Gundam」「GUNDAM PERFECT MISSION」
・特報・予告編
○特製ブックレット(24P予定)
【音声特典】
新規録音本編オーディオコメンタリー
【他、仕様】
○カトキハジメ描き下ろしボックスイラスト
※ボックスイラストは、プレミアムエディション特典Discジャケットイラストと同じものです。
○インナージャケットは安彦良和・大河原邦男の劇場公開時ポスターイラスト
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。