富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
富野由悠季監督の秘蔵写真&ショートインタビュー収録! 文藝春秋2014年3月号発売中!
2014-02-20 Thu 23:59
■富野由悠季監督の秘蔵写真&ショートインタビュー収録! 文藝春秋2014年3月号発売中!

文藝春秋2014年3月号
小さな大物 第320回
富野由悠季(アニメーション監督)
要約版

▽ショートインタビュー

富野:父は写真屋を目指していたので、焼き付けから写真の彩色まですべてをやっていました。

――「機動戦士ガンダム」などのロボットアニメの第一人者として知られる富野由悠季監督。アニメの世界に入ったのは偶然だった。

富野:就職先が決まらないのに、学園祭の準備を真剣にやるような学生でした。たまたま三駅隣に、手塚治虫さんの虫プロがあって、新入社員を募集していたんです。三時間ほど抜け出して面接に行ったら合格できた。

――数々のヒット作を生み出した富野監督だが、今も新作を準備中だ。

富野:海外の人たちとも積極的に組んでやっていくつもりです。昨年、宮崎駿さんや高畑勲さんが、新作を公開しましたが、普通にやったら敵わないと思った。ある種の老成を見せた二人に、どう立ち向かえばいいのか。僕なりの答えをこれから作る作品に込めたいと思っています。

▽秘蔵写真

①赤ちゃんの頃
②中学生の頃
③高校生の頃
④日本大学芸術学部時代
⑤虫プロ時代
⑥フリーの演出家になった頃
⑦「無敵超人ザンボット3」の打ち上げ
⑧1980年頃
⑨作品(「聖戦士ダンバイン」?)の打ち上げ旅行
⑩「ブレード・ランナー」のデザインで知られるシド・ミード氏と
⑪大学の同級生でミュージシャンの井上大輔氏と

※あくまで要約です。元記事をお読みになりたい方は、文藝春秋2014年3月号をお求めください。

▼文藝春秋2014年3月号発売中!
文藝春秋 2014年 03月号 [雑誌]

■編集後記
2月18日(火)にAmazon.co.jpプライム会員のお急ぎ便で注文して、翌日届くと思ったら、大雪の影響の配達遅延で2月22日(土)に配達予定だった文藝春秋2014年3月号が今日到着。インタビューはショート過ぎて期待外れでしたが、秘蔵写真はサイズは小さいものの、なかなか貴重なショットが多くて満足しました。カラーとはいえ、たったの4ページしかないので、900円はちょっと高い気もしますが、富野由悠季ファンだったらお薦めしてもいいかなあ…(*´Д`)。
スポンサーサイト
別窓 | 富野由悠季 | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。