富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
【速報】「機動戦士ガンダムUC」ストーリー・福井晴敏、episode 7への延長の舞台裏と続編の可能性を語る!
2013-06-13 Thu 23:59
■【速報】「機動戦士ガンダムUC」ストーリー・福井晴敏、episode 7への延長の舞台裏と続編の可能性を語る!

グレートメカニックDX 25
機動戦士ガンダムUC
福井晴敏インタビュー
「ユニコーンプロジェクトのはじまりと未来」 要約版

ep 7への延長は静かに進められた

――枠を変えるのは、相当高いハードルですね。

福井:とはいえ、とにかくスタート地点に立たないとしょうがないので、40分4話をとりあえず承服して現場を立ち上げ、メインスタッフも固めた段階で第1回目の会議となりました。そこで俺が第一声で言ったのは「4話じゃ無理だよね」と。そこからサンライズの宮河(恭夫)さんのところにいって、「6話なら2時間ずつ3本で、のちに劇場公開できる」って話を提案したんです。まだ何も始まっていない作品で、これはさすがに無理なことですけど、これぐらい吹っかけてみるのもやる価値はあるだろうと思ったんです。(ガンダムファンの)氷山の頂上じゃなく、その下にある大きな層に1発撃たせてくれと。驚いたことに、それがあっさりと了承されてしまったんです。宮河さんとしても、もっと大きなガンダムビジネスのパイを模索してモードを変えようとしていた段階だったんでしょう。そこでBlu-rayを劇場で同時に売るといった、もっと層を広げるアイディアも提案させてもらいました。

――最終的には7話ですが……。

福井:6話になったと戦果を持ち帰ったら、実際に考えてみると6話でも無理そうだと。とにかくいつまでも悩んでいてもしょうがないから、まずは小説の5巻までをOVA3巻に収めることをトライアルしていこうと。俺がホワイトボードに構成を大雑把に描いたんですけど、意外とその通りに進みました。でもそこではep 6以降はうにゃうにゃ~と誤魔化しておきましたけどね。

――賭けですね。

福井:そこはep 1、ep 2の戦果に期待しようと思ったんです。宮河さんに話したときも、「これ以上は増やせない」という話だったので、じゃあ実績を積むしかないと。ここも運まかせですよね。ダメならep 6は、小説とまったく違う着地点を新たに作るつもりでいましたし。自分の中では、もうep 1のコンテを見た段階で、「行ける」という確信があって、周りにも少しずつ言質を取っていきました。

構成もep 5まで話し合ったところで、「あと1本で終わるの?」と、みんなを散々不安にさせておいたところで、あと2話を使ったらこんな終わり方ができる、っていう構成案を出して。みんなも「ああ、これなら終わるね」とちょっとずつ押しこんでいって、「あれ、7まで延長するっていつ決まったの?」って、うやむやのまま進めていったんです。プロデューサーの小形尚弘さんは「さすがに7本はライフワークになっちゃいます」と言っていたので、、「じゃあ、どれだけ売れたらライフワークにしていい?」って聞いたら、「各巻20万本」だと言うんですね。その時はあり得ないという数字とみんなが思っていたんですが、俺は「聞いたぞ、20万だな!」という気持ちでした。だからep 1のイニシャルコスト(初期投資費用)が出た時点で、ep 7までの延長はある程度決まっていたようなものです。ですがスタッフにとっては、マラソンを走り終わって、もう1回走ってと言われるのと同じですからね。どのタイミングで話すか微妙だったんですけど、特に作画陣は「やるならやっちゃおう」という機運が高まっていたんで、我々が心配することなくいけそう印象ですね。

(中略)

続編を考えるなら、まったく別の方法で

――もし「UC」に続編があるとしたら、どんなものになると?

福井:同じことをもう一度やろうという考えはありません。「UC」の続きの物語を、また年に1回、2回、劇場でやるっていう構造では、スタッフの体力ももたないですし、たぶんもうファンも望んではいないでしょう。やるならまったく別の方法を考えたほうがいいなと思っています。

――今は最終話のep 7が待ちきれないですね。

福井:とにかく早く作らないといけないと、とスタッフのみんなは思っています。ただ物量がすさまじい。小説にあったストーリーもきちんと消化させつつ、バトルもすごいことになっていますから。ひとつ言えるのは、「UC」の最期って区切りになると思うんです。4年間付き合ってきたものが、ここで一度終わるのは「ガンダム」にとっての句読点になると思います。その句読点になる仕掛けは用意しました。確実に「『ガンダム』を見てきたなあ」って感慨を、ちゃんと着地させてくれる作品になると思います。

※6ページに及ぶ超ロングインタビューから、episode 7への延長の舞台裏と続編の可能性を語った部分のみを要約しました。ここで触れたのはインタビュー全体の1/10程度にすぎません。他にもとても面白い話が盛りだくさんなので、「UC」&福井ファンは必読です。元記事をお読みになりたい方は、「グレートメカニックDX 25」をお求めください。

■双葉社「グレートメカニックDX 25」6月15日発売! 目次公開!
グレートメカニックDX 25
【目次】
▽HDリマスター記念
機動戦士ガンダムSEED DESTINY
「戦乱、再び」
監督・福田己津央インタビュー
▽機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
プロデューサー・小川正和&監督・錦田慎也&構成/脚本・木村暢 クロストーク
▽翠星のガルガンティア
徹底解説 人類銀河同盟の対ヒディアーズ奇襲作戦
groundwork for GARGANTIA
設定考証/デザイン・小倉信也インタビュー
▽機動戦士ガンダムUC
福井晴敏インタビュー
「ユニコーンプロジェクトのはじまりと未来」
▽攻殻機動隊ARISE
border:1 Ghost Pain
劇場上映直前 ハイライト検証
▽革命機ヴァルヴレイヴ
メカニカルコーディネーター・関西リョウジインタビュー
▽ガールズ&パンツァー
決勝戦プレイバック&3D制作スタッフインタビュー
▽銀河機攻隊マジェスティックプリンス
メカデザイナー・谷裕司インタビュー
ザ・設定 番外編 プロデューサー・谷澤隆インタビュー
▽宇宙戦艦ヤマト2199
プロデューサー・郡司幹雄インタビュー
▽装甲騎兵ボトムズ30周年連載企画 Vol.2
「青の騎士ベルゼルガ物語」の物語
▽獣電戦隊キョウリュウジャー
特撮監督・佛田洋インタビュー
▽祝!文化庁メディア芸術祭功労賞記念インタビュー
ザ・プロフェッショナルメカデザイナー
大河原邦男の極意[後編]
▽Blu-ray BOX発売記念
マクロスプラス
モニターグラフィックデザイン・佐山善則インタビュー
※連載コーナーの目次は割愛しました。
【関連】
▼双葉社「機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールド ep4-6」発売中!
機動戦士ガンダムUC メカニック&ワールド ep4-6
【内容】
最新の宇宙世紀作品の世界設定&メカ設定を詳説! シリーズ中盤以降で新しく登場したメカニックや美術、クライマックスに向けての展開などについて重点的に取り扱うとともに、設定画だけでなくアニメ本編のシーンを詳細に解説する。

■Amazon.co.jp「アニメフェア2013」開催中!
アニメフェア2013
▽DVD&Blu-rayが最大50%OFF!
▽7月18日まで!

■パワープッシュ
機動戦士ガンダム Blu-ray メモリアルボックス
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 1 初回限定版
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 1 通常版
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 2 初回限定版
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 2 通常版
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 3 初回限定版
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 3 通常版
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 4 初回限定版
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター Blu-ray BOX 4 通常版
機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN (DVD)
機動戦士ガンダムUC 6 (初回限定版) (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 6 (通常版) (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 6 (DVD)
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。