富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
恒例スペシャル放談「富野由悠季 オトナの仕事論」収録! 「オトナファミ」2013年5月号 本日発売!
2013-03-19 Tue 23:59
■恒例スペシャル放談「富野由悠季 オトナの仕事論」収録! 「オトナファミ」2013年5月号 本日発売!
オトナファミ 2013年 05月号 [雑誌]
【内容】
▽恒例スペシャル放談
富野由悠季 オトナの仕事論
「機動戦士ガンダム」の生みの親、日本エンタメ界の重鎮・富野由悠季。これまで歩んできた道を振り返りながら語るプロフェッショナルとしての仕事論。この春、社会人の扉を開ける人、目標を持てずに迷っている人、変わらない日常でも踏ん張っている人、足元を確かめるきっかけを、言葉にしよう。
▽機動戦士ガンダムUC
episode 6「宇宙と地球と」
小形尚弘プロデューサーが語る ココも熱いよ ep 6

昨日、早売りを購入。待ってました!のオトナファミ恒例の富野由悠季インタビュー。残念ながら新作「Gレコ」には一言も触れていませんが、とてもためになって面白い仕事論を3ページにわたって展開。まあ、大半は富野ファンなら「どこかで聞いたなあ」という話ですが、買っておいて損なし。「ガンダムUC」小形尚弘プロデューサーインタビューは1/4ページで内容も既出で新しい情報はなし。

■朝日新聞記者・太田啓之「ガンダムか司馬遼太郎か」収録! 「新潮45」2013年4月号 発売中!
新潮45 2013年 04月号 [雑誌]
【内容】
▽ガンダムか司馬遼太郎か
「ガンダム」はオタク専用のアニメではなく、現実世界を生き抜くための道標である。富野由悠季作品に徹底的に惚れ込み、司馬作品も愛する著者が語る新しい読みの可能性!
<著者紹介>
太田啓之
朝日新聞記者
1964年生まれ。90年、朝日新聞社に入社し、2003年から社会保障全般を取材する。現在、オピニオン編集部。今年初め、紙面で「ガンダムに学ぶ」を連載。

夕刊フジに載っていた広告の見出しに目を奪われ、さっそく購入。富野由悠季「機動戦士ガンダム」と司馬遼太郎「竜馬がゆく」を題材に、両者の作家性や作風を比較検証するという極めて挑戦的な作家・作品論を6ページにわたって展開。いやあ、これがとてもとても面白い! 著者のガンダム、いや富野由悠季への並々ならぬ敬意と愛情がひしひしと伝わってきて、富野ファンならニヤリとしてしまうこと受け合いだ。私も読みながら「ちょっと、ちょっと、褒めすぎじゃないの?(笑)」と思いながらも、ニヤニヤしっぱなしでした。富野ファンなら読んで損なし。お勧めです!

■編集後記
ひどい花粉症のため、体調を崩しております。頭痛がひどいうえ、薬の副作用で眠くなってしまうため、予告なく更新を休ませていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
スポンサーサイト
別窓 | 富野由悠季 | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。