富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
機動戦士ガンダムUC episode 6「宇宙と地球と」 脚本・むとうやすゆき「バナージとマリーダに、アニメオリジナルのシチュエーションをひとつ用意させてもらっています」
2012-10-24 Wed 23:59
■機動戦士ガンダムUC episode 6「宇宙と地球と」 脚本・むとうやすゆき「バナージとマリーダに、アニメオリジナルのシチュエーションをひとつ用意させてもらっています」

月刊ガンダムエース2012年12月号
機動戦士ガンダムUC
ガンダムUCクロストーク 第3回
福井晴敏×むとうやすゆき 要約版

――最期に、3月2日に公開が決まったepisode 6についてお聞かせください。

むとう:episode 4からepisode 6まで、アニメ用に調整した人物の配置や状況が積み重なり、小説とはより似て非なるシチュエーションになってきています。

福井:今までの伏線が回収され出して、確実に終わりに向かって動き出している感じですね。だいぶ死の臭いが立ちこめ始めてきた。

むとう:バナージとマリーダに、アニメオリジナルのシチュエーションをひとつ用意させてもらっています。どうしてもここで2人のシーンが欲しくて、無理を聞いてもらいました。そこではハロもいい味を出しています。書き手に忘れられがちなハロ(笑)。

福井:そう言えばいたんだよね、ネェル・アーガマに。俺もつい忘れてしまう。

むとう:小説でも見どころだった、マリーダとジンネマンのくだりとか、押さえるところは押さえながら濃密かつ一気呵成な展開になっているので、またお腹いっぱいになってもらえると思います。

福井:今までの満漢全席な作りではなく、ご飯とおかず2品くらい。その代わり味と量は保証する、そんな感じです。イベント上映まであと5か月、楽しみに待っていてください。

※あくまで要約です。「ガンダムUCクロストーク 福井晴敏×むとうやすゆき」は6ページにも及ぶ長さでとても面白いので、ぜひ月刊ガンダムエース2012年12月号をお求めになって、お読みください。
Amazon.co.jpで買う
GUNDAM A (ガンダムエース) 2012年 12月号 [雑誌]
機動戦士ガンダムUC 6 (初回限定版) (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 6 (通常版) (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 6 (DVD)

■機動戦士ガンダムUC episode 6「宇宙と地球と」 ストーリー・福井晴敏「episode 6の冒頭の戦闘で、episode 5の最期、なぜあそこにフル・フロンタルがバズーカを持って来ていたのか、その理由が嫌というほど分かりますよ」
http://randal.blog91.fc2.com/blog-entry-2029.html

■模型誌2012年12月号 表紙公開!
電撃HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2012年 12月号 [雑誌]
Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2012年 12月号 [雑誌]
Model Graphix (モデルグラフィックス) 2012年 12月号 [雑誌]
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。