富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」 メカニックデザイナー・玄馬宣彦「落下するミネバを助けにいくとき、(ユニコーンガンダムの)変形シーンでコックピットのメインコンソールにグリーンのラインを入れている」
2012-06-13 Wed 23:53
■機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」 メカニックデザイナー・玄馬宣彦「落下するミネバを助けにいくとき、(ユニコーンガンダムの)変形シーンでコックピットのメインコンソールにグリーンのラインを入れている」

グレートメカニックDX 21
機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」 大解析!!
メカニックデザイナー・玄馬宣彦によるメカ解説 要約版

サイコフィールドの光

――劇中で秘められた能力の片りんを見せたユニコーンガンダム。その表現の根幹にあるのは?

玄馬:小説を読んでいるファンの方は、サイコフィールドの最終段階をご存じだと思うんですが、「逆襲のシャア」のアクシズ・ショックと呼ばれる状態になるまで、ある程度段階を踏まなければいけないだろう、ということになったんです。いきなり最終段階になったら、おかしいですからね。若干控え目に、なにか変化が起きているかな?という程度をスタートにしようと。実はep 4のクライマックスから、変化は始まっているんです。ユニコーンガンダムが自ら発光したような状態になっていて、全身が赤みがかった色になっている。これはサイコフィールドの初期段階をイメージしています。

単独で見ただけでは微妙な変化になっているかもしれませんが、今後の話数を含めて通して見たとき、変化がわかるというイメージです。それはep 5、ep 6でも変化のプロセスを意識しています。

落下するミネバを助けにいくとき、変形シーンでコックピットのメインコンソールにグリーンのラインを入れているんですよ。カンのいい人は気づいていると思いますが、これも予兆ですよね。現在は、バナージが機体を制御している状態です。以前はユニコーンガンダムがバナージを生態ユニット扱いして、ビンディングをつけたりしていたんですが、今はバナージが抑え込んでいる……という感じです。このシーンでは、モニターが付いたままハッチが開く……っていう、実は難しいシーンをやっているんですね。シナリオ段階ではこういう部分はわからなくて、「じゃあ、どうしようか」って。(中略)実際にハッチを開かせるとなると、新たに表示も必要となりますし、かなり時間を取られた部分の1つだったと思います。

※あくまで要約です。元記事をお読みになりたい方は、「グレートメカニックDX 21」をお求めください。

■パワープッシュ
グレートメカニックDX 21
機動戦士ガンダムUC 5 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 5 (DVD)
BROKEN MIRROR(アニメ盤/期間生産限定盤)
BROKEN MIRROR(通常盤)
機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック3
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。