富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」 メカニックデザイナー・玄馬宣彦「ラストで、シナンジュはバズーカを使っていますが、その理由は次回でちょこっと明かされるかもしれません」
2012-06-13 Wed 23:50
■機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」 メカニックデザイナー・玄馬宣彦「ラストで、シナンジュはバズーカを使っていますが、その理由は次回でちょこっと明かされるかもしれません」

グレートメカニックDX 21
機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」 大解析!!
メカニックデザイナー・玄馬宣彦によるメカ解説 要約版

シナンジュはなぜバズーカを使うのか?

――世界観に兵器が存在する可能性を意識させる

玄馬:ep 5のラストで、シナンジュはバズーカを使っていますが、その理由は次回でちょこっと明かされるかもしれません。ビームと実体弾に対してのイメージって、個人差がありますよね。僕個人としては、ビームが最強ではないと思っています。ビームと当然、当たれば強いけど、制約をつけておきたいんです。そうじゃないと、実体弾が存在する意味がなくなってしまう。もちろん実体弾が万能というわけではなく、有効な場面があるという形にできればと。

「ガンダム」のビーム・ライフルのインパクトが強かったのか、ビームに対して、速い、強いっていうイメージを持っている人が多いのは仕方がないんですけどね。「ガンダム」でバズーカを撃つとき、ゆっくり煙を引きながら飛んでいったじゃないですか? あの印象を、「UC」もそうだけど、代々継いでしまっているんですよね。たとえば「宇宙戦艦ヤマト2199」みたいに、遅くても迫力のあるビームって描けているじゃないですか? そういう方向性があってもいいと思うんです。

ep 6に向けてMSの展望は?

――ゲストメカへの意識と、宇宙世紀のかけらを拾うこと

玄馬:ジュアッグ効果が想像以上に高かったみたいで……。ジュアッグをep 4で拾えたことで、TVシリーズに登場していないのは、アッグだけになったわけですが、さすがに宇宙では使えないかな。

またバイアランやマラサイがちょっと話題になっているのも、うれしいところです。ジェリドが乗っていなかった場合の可能性……みたいなものが、ファンの方も想像できたんじゃないでしょうか。これまでの劇中で面白かったけど、生かしきれなかった機体とかを今後も考えていきたいです。

え? ギガンとガッシャですか。山越えハンマー、いいですよね。宇宙でどうすんだって話ですが(笑)。

※あくまで要約です。元記事をお読みになりたい方は、「グレートメカニックDX 21」をお求めください。

■パワープッシュ
グレートメカニックDX 21
機動戦士ガンダムUC 5 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 5 (DVD)
BROKEN MIRROR(アニメ盤/期間生産限定盤)
BROKEN MIRROR(通常盤)
機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック3
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。