富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」 プロデューサー・小形尚弘 インタビュー「最期の10分では小説既読者も驚くような展開が待っている」
2012-05-08 Tue 23:58
■機動戦士ガンダムUC episode 5「黒いユニコーン」 プロデューサー・小形尚弘 インタビュー「最期の10分では小説既読者も驚くような展開が待っている」

月刊ニュータイプ2012年6月号
機動戦士ガンダムUC プロデューサー・小形尚弘 インタビュー 要約版

――宇宙世紀を舞台にしたガンダムシリーズの新たなる物語を描く「機動戦士ガンダムUC」も、いよいよ残すところあとわずか。episode 5では、「黒いユニコーン」という禍々しきタイトルのもと、RX-0 ユニコーンガンダム2号機 バンシィが襲来する。

小形:episode 5では、バナージ、オードリー(ミネバ)、リディのそれぞれが、血の宿命のもとに“決断”をしていくさまが描かれます。そしてそれによって、3人の関係性が劇的に変化していくところが今回の見どころですね。

――と話すのはサンライズ、小形尚弘プロデューサーだ。本エピソードでは、ついにバナージが「ガンダムに搭乗する意味」を見いだす。アムロやカミーユら、歴代ガンダムパイロットたちとは大きく異なる、彼だけの理由と決意にも注目してほしい。そして、それら感動的なシーンを盛り上げる楽曲についても、澤野弘之が新曲を書き下ろし。これは小形いわく

小形:好評のおかげで実現した“予定外”。

――それがさらに好評を呼び、作品のクオリティを上げている。また、「機動戦士ガンダム」からの名脇役、カイ・シデンも登場。もちろん声を担当するのは彼を30年演じつづけてきたベテラン、古川登志夫だ。

小形:カイについては、われわれよりも古川さんのほうがよほどご存じであろうということで、すべてお任せしています。新作で演じるのは久々ということで、ご自身はかなり緊張されていたということなんですが、まったくそんなことを感じさせないすばらしい演技でした。ちなみに、懐かしのキャラクターという意味では、もうひとつサプライズがあります。こちらもお楽しみに。

――もちろん、前回に引き続きブライト・ノアもラー・カイラム艦長として物語に深くコミットする。

小形:episode 5、もうひとつの見どころといえるのが、バナージとブライトのやり取り。episode 3ではダグザが、episode 4ではジンネマンが、“父親”役としてバナージを導き、そして託してきましたが、今回はブライトがその役目を担います。彼には別に息子(ハサウェイ)がいるわけですが、そんなブライトが、バナージに何を託すのか、そういう視点でも楽しめるシーンになっていますよ。

――さて、前回は、オールドMS大集合という形で大変な話題になったが、今回も見どころが多い。

小形:アニメ化に際し、バンシィの武装を大きく変更にしています。小説ではユニコーンとさほど変わらない装備だったのですが、アニメ版バンシィは専用設計の増加サイコフレーム装備「アームド・アーマー」を与えられるなど、より凶悪に。これは、映像的にパイロットの精神状況を反映したものにもなっています。

――人間ドラマ、MSバトルとも、これまでをさらに超える密度で展開するepisode 5。最期の10分では小説既読者も驚くような展開が待っているのだとか。なお、かねてより小説著者でストーリー担当の福井晴敏も懸念していた“全6巻で完結できるのか”という疑問に関する回答は、今月13日に行われるハイブリッドライブイベント「GUNDAM LIVE ENTERTAINMENT 機動戦士ガンダムUC FILM&LIVE 2012 Reader's Theater "hand in hand"」にて明かされるとのこと。まだまだ終わらないUCワールドの“新展開(?)”にも要注目だ!!

※あくまで要約です。元記事をお読みになりたい方は、月刊ニュータイプ2012年6月号をお求めください。

■パワープッシュ
Newtype (ニュータイプ) 2012年 06月号 [雑誌]
ガンダムユニコーンエース Vol.4
機動戦士ガンダムUC 5 (Blu-ray Disc)
機動戦士ガンダムUC 5 (DVD)
BROKEN MIRROR(アニメ盤/期間生産限定盤)
BROKEN MIRROR(通常盤)
機動戦士ガンダムUC オリジナルサウンドトラック3
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。