富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
月刊ガンダムエース2010年9月号 OVA「機動戦士ガンダムUC」episode 2「赤い彗星」小形尚弘プロデューサーインタビュー 要約版
2010-07-23 Fri 00:58
■月刊ガンダムエース2010年9月号 OVA「機動戦士ガンダムUC」episode 2「赤い彗星」小形尚弘プロデューサーインタビュー 要約版

第2話はエンターテインメント!

――今月号から本格的に第2話の情報が解禁されたが、ストーリーやメカアクションも含めて、どんなフィルムに仕上がっているのだろうか?

小杉:第1話は導入ということもあって、重くドラマチックな展開を意識してつくっていったところがありました。今回の第2話では、もう完全なエンターテインメント。まさに“ガンダム”をやっています。その中でもイチオシは、池田秀一さん演じるフル・フロンタルの初登場じゃないでしょうか。フロンタルを演じるにあたって、池田さんはかなり気合が入っていて、アフレコは実にすばらしい仕上がりでした。フロンタルの第一声を聞いたときは、あまりのことにアフレコ現場にいた福井晴敏さんも、スタッフもみんな笑ってしまった(笑)。当たり前なんですが、まさに“シャア”そのものなんです。それと第1話で顔見せ程度だったキャラクターたちも、第2話で一気に本来の個性を発揮しはじめます。人物芝居も多いですし、これからの伏線が多く張られた話になっています。第2話前半は、もうひとりの主役であるリディの視点で話が展開して、後半はバナージへ視点が移行していきます。リディとオードリー、バナージの関係が重要なドラマとして最後まで続いていきますので、第2話は非常に重要なところです。個人的にはリディとアンジェロが好きなんですよ。アンジェロは特にすばらしいヤラレ役というか(笑)。非常にいい味を出してくれています。

――池田さんの渾身の演技によって、フロンタルは“シャア”その人になっているという。そして第2話での戦闘シーンも第1話に続き、かなりのボリュームになっているらしい。

小杉:カット数としても戦闘シーンはかなり多いです。第1話の続きで、冒頭はユニコーンとクシャトリヤの戦闘から始まります。それとやはりユニコーン対シナンジュ戦が、メカアクションでのいちばんの見せ場ですね。ネェル・アーガマにシナンジュが攻めてきて、それをユニコーンが迎え撃つのですが、物量的にもかなり多くて、通常の3倍盛りになっていると思います。そこは非常に見ごたえのある感じになっているかなと。ちなみにバナージにとってはこれが実質初出撃です。第1話では巻き込まれる形でユニコーンに乗ったので、シナンジュ戦で初めてバナージの意志によって出撃していきます。シナンジュは、ギミックもパーツも十分に多い機体なので、作画するのも非常に大変なMSでした。それが画面を縦横無尽に動いていて、メカ作画マンのこだわりと底力が伝わってきます。当然、シナンジュはフロンタルが乗っていますから“3倍速い”機体になっています。それに対しユニコーンもデストロイモードで対抗していきます。第1話は、クシャトリヤが重量感のあるMSだったので、“重さ”を表現していたんですが、このユニコーン対シナンジュ戦では、“超高速”バトル。かなりのスピードで両機が動き回り、戦いを繰り広げていきます。超高速移動も、ただ“速い”だけではなく演出で凝った表現になっていますから、そこもぜひ見ていただきたいポイントですね。

――超高速戦闘のほかにも、第2話で初登場になる武器に合わせて、新たなエフェクトが開発されたという。

小杉:皆さんがよく見ていたガンダムの戦闘というものを、デジタル技術が進んだ今だからこそできる表現に変換しています。たとえばユニコーンのビーム・マグナムやアンジェロ機のランゲ・ブルーノ砲・改の発射エフェクトはかなり凝ったつくりにしています。第1話に引き続き、音楽、SEにも注目してもらいたいです。ビーム・マグナムはもちろん“あの”音が使われています。

毎回お祭りのように楽しめる仕掛けを

――「UC」はパッケージ販売以外の展開で成功し、大ヒットとなった。

小杉:結果的に多くの方々からありがたい反響をいただいて、本当に感謝しています。第1話の時からなのですが、OVA作品で通常の販売展開だけでは、今の時代だと辛い面があると感じました。やはりひとりでも多くの方に見ていただける方策を何かしら仕掛けていったほうがいいなと思い、第2話でもイベント上映や有料配信が決定しています。特にイベント上映はお祭りじゃないですけど、宇宙世紀ファンが劇場に集まって楽しめるような仕掛けを用意しています。そのひとつとして池田秀一さんナレーションによる第1話のダイジェストが見られます。第2話から「UC」をご覧になる方も、ストーリーの大筋を理解していただいた後に、第2話が始まる構成になっています。それと劇場先行販売となる限定版Blu-ray2巻には第1話と第2話のシナリオセットが付いてきます。しかも村瀬修功さんのカッコイイ描き下ろし表紙です。その他劇場限定の商品なども予定してますし、今回は第3話の予告も付きます。もちろん本編は、画面の密度も音質も劇場で是非楽しんでいただきたいクオリティーになっていますし、ご自宅でもBlu-rayで何度も見返して楽しんでいただきたいと思います。半年に一度、宇宙世紀ファンが集まれるイベントになれるよう、第2話以降も、スタッフ一丸となって頑張っております。応援よろしくお願いします!

※あくまで要約です。元記事をお読みになりたい方は、月刊ガンダムエース2010年9月号をお求めください。

■OVA「機動戦士ガンダムUC」episode 2「赤い彗星」、Blu-ray Disc&DVD予約開始!
<Blu-ray Disc 一般発売版>[6,090円(税込)]
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 (Blu-ray Disc)
【仕様】
BCXA-0224:(予)88分(本編約59分+映像特典約29分)/ドルビーTrue HD(5.1ch)・ドルビーデジタル(ステレオ)/AVC/BD50G/16:9 <1080p High Definition>/日本語・英語・仏語・西語・中国語繁体字(広東語・北京語)字幕付 ※日本語・英語音声を収録
【初回特典】
カトキハジメ描き下ろし特製スリーブ
【毎回封入特典】
特製ブックレット(16P)
【毎回映像特典】
第1話ダイジェスト、第1話PV集、他
※注意※
OVA「機動戦士ガンダムUC」episode 2「赤い彗星」のBlu-ray Discは、劇場販売版と一般販売版の2種類を販売。劇場販売版はイベント上映期間中、上映館内にて先行販売されます。劇場販売版限定特典「episode 1&2 シナリオ2冊セット」は一般販売版には付属しません。ご注意ください。
<Blu-ray Disc 劇場販売版>[限定5,000セット/7,000円(税込)]
【仕様】
BCXA-0224:(予)88分(本編約59分+映像特典約29分)/ドルビーTrue HD(5.1ch)・ドルビーデジタル(ステレオ)/AVC/BD50G/16:9 <1080p High Definition>/日本語・英語・仏語・西語・中国語繁体字(広東語・北京語)字幕付 ※日本語・英語音声を収録
【初回特典】
カトキハジメ描き下ろし特製スリーブ
【毎回封入特典】
特製ブックレット(16P)
【毎回映像特典】
第1話ダイジェスト、第1話PV集、他
【劇場販売版限定特典】
episode 1&2 シナリオ2冊セット
(脚本:むとうやすゆき/表紙イラスト:村瀬修功)
※特製脚本セットは、劇場販売版のみの限定特典です。一般販売版には付属しません。
<DVD>[5,040円(税込)]
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 2 (DVD)
【仕様】
BCBA-3773:(予)88分(本編約59分+映像特典約29分)/ドルビーデジタル(5.1ch・ステレオ)/片面2層/16:9(スクイーズ)/ビスタサイズ/日本語・英語字幕付
【初回特典】
カトキハジメ描き下ろし特製スリーブ
【毎回封入特典】
特製ブックレット(16P)
【毎回映像特典】
第1話ダイジェスト、第1話PV集、他
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。