富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
月刊ニュータイプ2010年8月号 天空と荒野と 「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」池谷浩臣プロデューサーインタビュー 要約版
2010-07-07 Wed 01:15
■月刊ニュータイプ2010年8月号 天空と荒野と 「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」池谷浩臣プロデューサーインタビュー 要約版

劇場版をもって完結する「00」という物語

――9月18日公開に向け、制作も佳境に入った「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」。まだ多くの情報が謎に包まれており、全貌を予測することは不可能だ。

池谷:次の予告編も着々と進行していますよ。実際に劇場で見ていただいて、いろいろと驚いてほしいですね。

――と語るのは、池谷浩臣プロデューサー。「00」プロジェクトを進めてきた立場から見た劇場版の魅力とは?

池谷:マイスターの4人が来るべき対話を通じて、どうやって世界と決着をつけるのか。総決算という意味では、そこが最大の見どころだと思います。このほかでは新しい試みにも挑戦しています。今はまだ言えないですけど……。

――気になるのは、劇場版の新キャラクター。なかでもデカルト役の勝地涼を起用したキャスティングにも注目が集まる。

池谷:水島(精二)監督から、勝地さんでいきたいという提案があったんです。音響監督の三間(雅文)さんにも賛同をいただいて、スムーズに話が進みました。デカルトを演じていただく声に、キャラの雰囲気がとても合っていると思います。

――「00」の魅力といえば、スピーディなメカ戦も見逃せない要素。そのパワーアップにも期待が高まる。

池谷:TVシリーズでも、かなりブーストがかかっていましたが、もちろん劇場版でもそれは継続しています。スタッフは相当熱が入っていますよ。デザイン面も劇場版ということで、情報量も増えています。といってもエクシア、ダブルオーと同様に、進化の系譜を受け継いでいて、マイスターのイメージも反映されているんです。

――公開までいよいよ残り2か月。4年の長きにわたる「00」プロジェクトも、ついに完結を迎える。

池谷:刹那たちが歩んできた物語、そして登場人物たちの行き先を見るという意味で、本当の完結編だと思います。また、メカファン、キャラファンともに満足していただける内容になっていると思います。「00」というひとつの物語の完結を、ぜひ劇場で確かめてください!

池谷浩臣プロデューサーコメント

ルイスのぐあいがよくなさそう?
「沙慈はルイスのそばにいますね。戦争とは一定の距離を置くという立場に戻っているのかもしれません。ルイスは具合が悪そうですけど、沙慈の存在がより近くに必要になっているのかもですね」

マリナと刹那の関係は…?
「マリナは彼女の立場で活動を続けています。彼女の思いはずっと変わっていないのだと思います。刹那との関係はもともと微妙な距離感ですし、それを保ちつづけているのもまた2人らしいといえるのかもしれません」

GNX-Y903VW ブレイヴ(指揮官用試験機)
「ブレイヴは、ガデラーザと次期主力機の座を争う機体です。登場シーンも燃えるので期待してください」

※あくまで要約です。元記事をお読みになりたい方は、月刊ニュータイプ2010年8月号をお求めください。

■レコメンド
Blu-ray Disc/DVD/UMD-Video
機動戦士ガンダム00 MEMORIAL BOX 【初回限定生産】 (DVD)
スポンサーサイト
別窓 | ガンダム | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。