富野由悠季&ガンダムニュースをまとめ読み。
<
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
月刊ガンダムエース2010年8月号 創刊9周年記念対談 富野由悠季×本広克行 要約版
2010-06-24 Thu 02:37
■月刊ガンダムエース2010年8月号 創刊9周年記念対談 富野由悠季×本広克行 要約版

映像が身近にある世代とは感覚が明らかに違う

――お二人が初めてお会いになったのはいつ頃なんですか?

本広:1999年に「富野由悠季全仕事」という単行本の対談で初めてお会いしたんですよ。前の日から緊張して、ずっと胃が痛かった(笑)。

富野:僕にしてみれば、ヒット映画の監督さんがガンダムファンだっていう最初の事例が本広監督で、そういう人と会わなきゃいけないというのがものすごくイヤだったんです。

本広:どうしてですか?

富野:だって、僕はずっと映画を撮りたかったのに、いまだに撮れないでいる。それなのにガンダム世代が映画を撮って、ヒットさせている。徹底的な敗北感を味わったんですよ。

本広:監督がそんなことを思ってたなんて、びっくりです。対談自体は、監督が一方的にしゃべって、僕は感心して相槌を打ってるだけ(笑)。記事を読んだ樋口真嗣監督に「本広さん、やられたね」って大笑いされて、それで彼と仲良くなったということもあります。

富野:本広監督以後、樋口監督や、他の映画畑の人と会う機会も増えたけど、僕には惨敗感しかないから、気持ちいいことは何一つないんですよ。その上、お話して思うのは、本広監督世代との映画に対する馴染み方の違い。僕は映画を撮ることに、ものすごく強い憧れがあるので、本広監督のように身近に映像が当たり前にあった世代の感覚とは、明らかに違うということですね。わかりやすい例を挙げると、僕はシネコンで映画を観られないんですよ。

本広:どうしてですか? 音もいいし、イスも快適ですよ。

富野:入れ替え制と、スクリーン側から客席に入っていくというあの構造が許せない。あの構造って、映画館というよりディズニーランドのアトラクションのシステムだよね。何より腹が立つのは、映画って本来途中から入って観てたら、意外とよくて、じゃあ頭から観ようかっていうのも映画の楽しみ方の一つなのに、それを許さない入れ替え制はホント許せないのよね。

(中略)

小津作品で表現される人間は技術論では生まれない

本広:10年前に監督に、でかいヒットを飛ばすと正気を保つのに苦しむよ、と言われたんですが、当時はその感覚が全然わからなかったんですね。10年経って、今何となくわかるようになってきました。バランスをとれなくなるんですよね。

富野:その程度にしかわからないのは、若いよね。僕が言いたかったのは、崇め奉られると堕落するということ。黒澤明なんか巨匠になった時点でろくな映画を撮ってない。でも、カラー作品になってからの黒澤映画は駄目だというきちんとした評論は一切されてないでしょ。なぜ世間はそういうふうに甘くなるかというと、シビアに評論しても、自分たちの仕事なんてもっとひどいわけだから、自分がやってられなくなる。だから、そこそこの作品をみんなで一生懸命ほめる。そういう寄り合い所帯が業界全体を危うくする。それはアニメ界も同じでしょう。

本広:ビッグヒットを生んだ人はそういう運命を背負わざるを得ない。富野監督はアニメ界で最初にそれを味わった人なのかもしれないですね。僕らはそれを見て育っているので、前例があるというのは楽なんです。みんな苦しんでますよね。そうならなかったのは、小津安二郎監督くらい。小津監督は作りたいものが明確にあって、商売ということに対しての感覚が、黒澤監督とは違ってましたからね。

富野:小津監督みたいな生き方をしないとああはできないですね。つまり、子供がいたらあれはできないのよ。

本広:それ、すごくよくわかります。

富野:あの禁欲主義は、誰にでもできるというものではないんです。でも、あの姿勢がなければ、生身の役者を使って、映像的にはエロスを感じさせながらそこには絶対踏み込まない私――なんて作品は絶対に撮れない。ストイックになるということは、主義主張がかなり異常なところにいくんですよ。つまり、小津映画って異常なんだよね。映画作品として観るから穏当に見えるけど、「東京物語」の構造は異常ですよ。中学生が観たら面白くも何ともない映画だけど、50歳以上の人が観たらものすごい名作だっていう、この構造は本来エンタメではないでしょ?

本広:日常のちょっとしたことを百にも感じ取るっていうことですよね。

富野:そういう要素をものすごくピュアに抽出している作品で、その手業というのは理屈で理解して表現できるものではない。本性的にストイックにならざるをえなかった自分を見つめていくという小津の目線があって初めてできることなのね。

(中略)

今のようにCGワークが日常的になってくると、技術論だけで作品を構築していくことができるように思えるけど、そんな簡単なものではないんです。

映画に構えすぎると、監督はつぶされてしまう

――技術論といえば、「アバター」という作品で、3Dという新たな映像技術の可能性が提示されましたよね。

富野:僕は「リング・オブ・ガンダム」をやったおかげでわかったことがあって、キャメロン監督はものすごく勘がいいなと思った。彼は3DCGの限界をよくわかってるのね。どういうことかというと、3DCGのキャラクターにうかつに生身の人間を使っちゃったら、収拾がつかなくなるんですよ。それをちょっとモンスターチックな異星人のキャラクターにすることで、うまく逃げている。もし「アバター」の主人公があのキャラじゃなくて生身の人間だったら、観る人は引いちゃうんですよ。僕は「リング~」でリアルに近いキャラクターを3DCGで作るにはどうすればいいかという試行錯誤をさせてもらったんだけど、CGデザイナーが持ってくるのはいわゆる「ファイナルファンタジー」的なもので、リアルはリアルだけど、わざわざ電気記号で描くキャラクターじゃないだろうというものばかり。僕はどうにかしてそこから脱したかったけど、その方法論を持った人がいなかったのは、ちょっとショックだった。キャラクターとしては、絵で描いた人物にすら至っていないんです。そのことを考えても、やっぱり技術ではないんだなと思う。「東京物語」の持つ力というのは、純粋に物語の力であり、生身のキャラクターの造形の問題なんですね。それ以上のものは一切必要ない。技術なんてのは、そのときの最高のものをただ持ってくればいいだけで、スキルを持ったスタッフは世の中にはたくさんいるんだから、技術論なんかにとらわれずに、物語や人の造形をきちんと作るということに没頭しなきゃいけない。

(中略)

本広:監督は実写を撮りたいんですか?

富野:今はそれほどでもないです。自分に実写を撮るに足る作家性はないと自覚してるし、撮りたいという衝動にかられる脚本もない。何より、僕は映画というのは構えて撮るものだと思ってるから、そう簡単には撮れないんだよね。

本広:でも、監督って構えるとつぶれますよ。関わっている人の多さと金の大きさを深刻に受け止めすぎるとプレッシャーでおかしくなる。僕も最初は演出していて感動して、よく泣いてました。悔しいときもあるから、しょっちゅう泣くんですよ。でも今は、映画はガンプラを作るのと同じだと思って撮ってます。そう考えるようになってから、すごく楽になりましたね。これはガンプラだ、オレはガンプラ作るのはうまいから大丈夫だって。

(中略)

「イデオン」では、自分を守るために作品を捨てた

本広:富野監督がスゴいのは、「ガンダム」のあとに「イデオン」を作ったことだと思うんですね。「ガンダム」のスゴさはわかるけど、そのあとで「イデオン」をぶちかまして、映画のエンディングをああいうふうに持っていった。あれはカッコよすぎる。あれで僕ら世代のクリエイターたちの神様になった。

富野:そう言われますが、当時の自分の立場はどうだったかというと、全く逆なのね。あまりにも風呂敷を広げすぎちゃって、作家としての主義を見つけようとしても、総論にいきすぎちゃっているから、それが見つからない。人類全部を包んじゃうというテーマは、個人が絶対にやっちゃいけない領域に入り込んだということだから、先ほど話に出たプレッシャーでつぶされるという実感を持ったんですよ。このままじゃ壊れる、とわかったときに、僕は自分を守るために作品を捨てたんです。たかがロボットアニメだ、投げちゃおうって。それであのエンディングを作ったんです。

本広:そうだったんですか!?

富野:まともに考えると何もなくなる物語でしょ? そうするカッコよさもあったんだろうけど、どうせだったら壊しちゃったほうが楽だ。作品を壊せば、自分は壊れなくて済むからっていう、仕事とのやりとりをしたのね。ラスト5、6分はそれをものすごく意識してコンテも切ったし、現場もコントロールした。そういえば、あのとき泣いてたなって、今、思い出した。

本広:ええっ!

富野:この話は初めてしたけど、あの感覚は絶対他人には説明できない。だから「イデオン」という作品に僕が持っている気分は、敗北感しかないんです。

本広:そこまで自分を追い詰めるのは、やっぱりスゴいですよ。

富野:追い詰めたんじゃなくて、うかつに人の行き着く先を見たいなんて考えちゃって、本当にそこに行きそうになったときに、初めて、作品というのは実はリアルなものなんだということに気づいた。自分を崩壊させないかぎり、この物語は完結してくれないんだっていうことがわかっちゃった。モノを作るというものはそれくらい恐いことなんだ、と。これは技術論じゃないでしょ。

本広:そうですね。

(中略)

本広:監督はもうシステムを作っちゃったから、何をやっても許されるんですよ。でも、実写は生ものなので、形が崩れていくからシステム化できない。そういう意味ではうらやましいです。

富野:あんな大金かけて映画を撮らせてもらって、僕のほうがうらやましいですよ。さっきも話したとおり、自分には実写は撮れないという自覚もあるので、無理して撮ろうとは思わないけど、でもこの企画ならっていうのが見つかれば、きっと僕は撮ると思う。

本広:ぜひ撮って、日本の映画界にガツンとぶちかましてください。

富野:それはあなたの仕事でしょう!

※4Pにわたるロング対談なので、約3分の1に要約しました。元記事をお読みになりたい方は、月刊ガンダムエース2010年8月号をお求めください。

■レコメンド
Blu-ray Disc/DVD/UMD-Video
機動戦士ガンダム30周年ドキュメンタリー メモリアルボックス (初回限定生産)(Blu-ray Disc)
スポンサーサイト
別窓 | 富野由悠季 | top↑
| シャア専用ニュース |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。